「バッジョ2世」の呼び声高いベルナルデスキ ユベントス移籍決定!

・ユベントスがベルナルデスキを獲得!
ユベントスに新たなエース候補がやってきた。現地時間24日、ユベントスはフィオレンティーナからイタリア代表のアタッカー、フェデリコ・ベルナルデスキを獲得したことを公表。
契約期間は2022年6月までの5年間で、移籍金は約52億円に相当する4000万ユーロに設定され、これに出来高ボーナスが加わるとのことだ。

23歳と若いこのイタリア代表フォワードは、これまで各年代のナショナルチームに選出され、将来を宿望されてきた逸材だ。2016年3月には、A代表デビューも飾っている。以降9試合に出場し、1得点をマーク。来年のロシアワールドカップでのブレイクに期待がかかる若手選手の一人だ。

一方クラブチームに目を移すと、彼はフィオレンティーナのユース出身だったが、実戦経験を積むために2013-14シーズンにクロトーネへレンタル移籍する。そして、クロトーネでプロデビューを飾り、シーズン40試合に出場。
セリエBながら、チームで圧倒的な存在感を放ったベルナルデスキは、14得点7アシストという成績を引っ提げてフィオレンティーナへカムバック。
復帰後最初のシーズンこそ負傷に悩まされ出番は少なかったものの、復帰後はチームの主柱として君臨し、昨シーズンも公式戦通算42試合に出場し、14得点5アシストをマークした。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・バッジョと同じ道をたどるベルナルデスキ
ここ2年間はフィオレンティーナで「10番」を託されていたベルナルデスキ。そうしたこともあって、かつてユベントスで10番を背負っていた元イタリア代表のロベルト・バッジョと比較されることもしばしば。偶然にも、そんなバッジョと同じくフィオレンティーナからユベントスへステップアップすることになったベルナルデスキだが、はたしてセリエAナンバーワンの実力を誇るユベントスで、輝きを放つことができるだろうか。

ユベントスは10番が空き番になっているため、そのままベルナルデスキがバッジョ同様に10番を背負うことになる可能性もあるだろう。ただでさえ重圧のかかる初年度に、この若者に10番を託すというのはややハードルを上げてしまうことになるかもしれないが、いずれにせよバッジョの再来を期待するユベントスサポーターからは心底歓迎されるに違いない。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑