「プレミアオールスター」ベルギー代表メンバーが豪華すぎる

プレミアリーグのスターがズラリ

デ・ブライネ現地時間16日、ベルギーサッカー協会は今月開催されるインターナショナルマッチウィークにおけるサウジアラビア代表戦に向けたベルギー代表メンバーを発表した。

個々の強さでは世界最強のベルギー代表:スーパープレイヤーが揃った最強チームなぜベルギーがこんなに強いのか?!

今回のベルギー代表には、チェルシーのエデン・アザール、マンチェスター・ユナイテッドのロメル・ルカク、マンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネ、トッテナム・ホットスパーのトビー・アルデルヴァイレルト、ヤン・ヴェルトンゲン等、プレミアリーグのビッグクラブで活躍する選手たちが順当に選出された。

プレミアリーグ以外からも、パリ・サンジェルマンのトマス・ムニエ、バルセロナのトーマス・ヴェルメーレン、ボルシア・ドルトムントのミッチー・バチュアイ、ナポリのドリエス・メルテンスと、各国リーグのビッグクラブから多くの選手が名を連ねている。

つくづく豪華な顔ぶれの「レッド・デビルズ」だが、今回は母国リーグのクラブ・ブルージュで活躍するアントニー・リンボンベが初招集された。
その他、日本代表MF森岡亮太の同僚でアンデルレヒトに所属する守護神マッツ・セルス、DFリーンデル・デンドンカーが国内リーグから選出されている。

また、アトレティコ・マドリーから中国リーグの大連一方に移籍したヤニク・フェレイラ=カラスコ、天津権健に所属するアクセル・ヴィッツェルも名を連ねた。

そんなベルギー代表は、27日にサウジアラビア代表と相まみえる。

今回発表されたベルギー代表メンバーは以下の通り。

▼GK
ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)
シモン・ミニョレ(リバプール/イングランド)
マッツ・セルス(アンデルレヒト)
コーエン・カスティールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)

▼DF
ローラン・シマン(ロサンゼルスFC/カナダ)
デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド)
ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド)
リーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト)
トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)
トーマス・ヴェルメーレン(バルセロナ/スペイン)
トマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジョルダン・ルカク(ラツィオ/イタリア)

▼MF
ヤニク・フェレイラ=カラスコ(大連一方/中国)
ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス)
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ラジャ・ナインゴラン(ローマ/イタリア)
マルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)
アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)
アントニー・リンボンベ(クラブ・ブルージュ)

▼FW
ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ミッチー・バチュアイ(ドルトムント/ドイツ)
ドリエス・メルテンス(ナポリ/イタリア)
エデン・アザール(チェルシー/イングランド)
ディヴォク・オリジ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ)
ケビン・ミララス(オリンピアコス/ギリシャ)

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑