「悪夢の夜」となった王者レアル 一回戦敗退で4連覇の夢潰える

絶対的王者が散った夜…「ベルナベウの悲劇」

ギャレス・ベイル現地時間5日、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦セカンドレグが行われ、王者レアル・マドリードはサンチャゴ・ベルナベウにアヤックスを迎えた。

ファーストレグは、レアル・マドリードが敵地で2-1と勝利4連覇を目指す白い巨人は、この試合0-1の敗戦でも勝ち上がれるという状況だった。

そんな中ソラーリ監督は、不調のギャレス・ベイルをベンチに置き、ヴィニシウス・ジュニオール、ルーカス・バスケス、カリム・ベンゼマ、ルカ・モドリッチ等を先発に抜擢。

対するアヤックスも、10番デュサン・タディッチ、ダヴィド・ネレス、マタイス・デ・リフト等ベストメンバーがスタメンに名を連ねた。

試合は意外な形で幕を開ける。

6分、アヤックスはセルヒオ・ラモス不在のディフェンスを掻い潜り、ハキム・ジエクが先制点をマーク。

その10分後には、勢いそのままにカウンターからダビド・ネレスがゴールネットを揺らして、あっという間にトータルスコアで逆転した。

後半に入っても猛威を振るうオランダ王者。
61分にはこの日再三チャンスメイクしていたデュサン・タディッチが自らゴールを決めて3-0。

レアルはその後、交代出場のマルコ・アセンシオが1点を返すが、わずかその2分後にラッセ・シェーネの直接フリーキックが決まって再び3点差に…。

後半アディショナルタイムにはナチョ・フェルナンデスがレッドカードを受けるなど良いところがなかったレアル・マドリードは、結果2戦合計3-5でまさかの一回戦敗退となってしまった。

一方、大逆転勝利のアヤックスは、個人の能力が高い上に組織力が際立っており、優勝候補の一角に数えても遜色ないだろう。

PSG対マンチェスター・ユナイテッド予想とオッズ

CL決勝トーナメント一回戦の日程

王者にとって「悪夢の夜」となっったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦セカンドレグ。

残りの対戦カード、最新オッズは以下の通りとなっている。

ベッティングトップ10では、今月も世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します。

オッズ

今すぐ登録

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑