「MCN」だけじゃない!?パリが意外な男のハットで圧勝

・「MCNトリオ」が不調でも…
どうやらパリ・サンジェルマンの点取り屋はMCNトリオだけではないようだ。

現地時間31日、UEFAチャンピオンズリーグ第4節1日目の日程が欧州各地で行われ、ブラジル代表のネイマール、フランス代表のキリアン・ムバッペ、ウルグアイ代表のエディンソン・カバーニ等擁するパリ・サンジェルマンはグループステージ突破を賭けてベルギー王者のアンデルレヒトと対戦した。

ここまで3連勝で首位をひた走るパリ・サンジェルマンは、30分にムバッペからのラストパスを受けたイタリア代表マルコ・ヴェラッティがペナルティエリア内左から冷静にシュート。これが先制ゴールとなり、パリ・サンジェルマンが1-0とする。

前半アディショナルタイムには、コーナーキックからショートに流したボールをネイマールがそのまま中央へ持ち込む。勢いそのまま左足を振り抜くと、ボールはゴール右隅に突き刺さった。パリ・サンジェルマンが2点リードで前半を折り返す。

後半、最初にスコアを動かしたのはまたしてもパリ・サンジェルマンだった。52分フランス代表のサイドバック レイヴァン・クルザワがネイマールのシュートのこぼれ球に詰めて3-0。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

止まらないパリ・サンジェルマン。今度はブラジル代表サイドバック ダニエル・アウベスのパスを受けたクルザワが今度は頭で押し込んで自身2点目をマーク。これで4-0。

さらにクルザワはこの後途中から入ったアルゼンチン代表アンヘル・ディ・マリアからのパスを受けると強烈なシュートを放ちハットトリック達成。

サイドバックの選手が欧州の公式戦でハットトリックをマークするのは久しぶりに見た。かつてトッテナム・ホットスパーに所属していたウェールズ代表のギャレス・ベイル以来の衝撃かもしれない。

試合は結局5-0でパリ・サンジェルマンがアンデルレヒトを下し、チャンピオンズリーグ4戦全勝で首位を堅持した。同時刻に行われていた2位バイエルン・ミュンヘン対3位セルティックの試合で、バイエルンが勝利を収めたことでパリ・サンジェルマンのグループステージ突破がこの時点で確定。

決勝トーナメントではどんな圧巻プレーを見せてくれるだろうか。レアル・マドリード、バルセロナといったメガクラブと激突するのが今から楽しみで仕方がない。

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑