【イングランド対ベルギー】マッチプレビュー

2位通過の方がメリットが大きいが…

ハリー・ケイン一試合を残して早々にグループステージ突破を決めている両国による対戦。グループ首位通過をかけた実力国同士のビッグマッチだ。

イングランド対ベルギー予想

両者は、勝点数、得失点差、得点数、失点数すべてがまったく同じであるため、最終節仮に引き分けで試合を終えた場合、反則ポイントによって順位が決定する。

しかしながら、両者にとってグループステージ首位通過が絶対に欲しい結果というわけではない。
というのも、現時点で決勝トーナメント一回戦で対戦するのは日本、セネガル、コロンビアのいずれかの国に絞られており、ブラジルやフランスといった強豪国との対戦の可能性はない。

さらに、ブラジル、フランスに加えてポルトガル、アルゼンチン、ウルグアイといった強豪国が入った山を回避するなら2位通過で突破しなければならないというなんとも複雑な状況だ。

当然ながら、どちらも手を抜くということは考えにくいが、仮に敗れた場合でも得られる恩恵は大きいといえる。

グループG

チーム
ベルギー
ベルギー
300+79
イングランド
イングランド
201+56
チュニジア
チュニジア
102-33
パナマ
パナマ
003-90

ベルギーは大幅に主力選手温存か

おそらく、ベルギーの方は決勝トーナメント初戦を見据えて大幅にメンバーを変更することが予想される。

イエローカードを一枚受けているケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、ヤン・フェルトンゲン(トッテナム)、トマ・ムニエ(パリ・サンジェルマン)の他、別メニュー調整が続いているエデン・アザール(チェルシー)、ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)等はこの試合出場を回避するだろう。

対するイングランドの方も、ここまで出場機会が乏しいマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)やガリー・ケイヒル(チェルシー)といった選手を起用することが予想される。

そんな両者主力温存で迎えることが濃厚なイングランド対ベルギーの一戦は、日本時間29日3時キックオフ予定となっている。

日本が決勝トーナメントへ勝ち進んだ場合、初戦で対戦する相手が決まるということで、注目必至だ。
ちなみに、日本のサッカーファンの声を聞くと、イングランドとの対戦を熱望するサポーターが多いようだ。

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!
決勝トーナメント】【グループステージの結果
優勝国予想のオッズ】【もっとW杯のオッズ

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑