【セネガル対コロンビア】マッチプレビュー

セネガル対コロンビア
6月28日・23:00

ドロー以上で突破確定のセネガル

ファルカオ初戦、世界ランキング8位のポーランド相手に勝利し、続く第二戦日本相手にドローを演じたセネガル。ここまで勝点4を積み上げて、最終節コロンビア戦はドロー以上で決勝トーナメント進出が決定する。

ポーランド戦では、アフリカ勢としては「異質」な組織で勝つサッカーを展開し、ブンデスリーガ得点王のロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)をシャットアウト。

日本戦では、柴崎岳(ヘタフェ)、香川真司(ドルトムント)等中盤のテクニシャンを前に手を焼いたものの、絶対的エースのサディオ・マネ(リバプール)が今大会初ゴールをマークする等、劣勢の中勝点1を含む大きな収穫を手にしたセネガル。

一方、初戦日本相手にまさかの黒星を喫し、さらには退場者を出すという史上まれに見ぬ最悪のスタートを切ったコロンビア。

続く第二戦ではハメス・ロドリゲス(バイエルン)が先発復帰を果たしたが、日本戦とは別人のような存在感、正確無比なパス、突出したサッカーセンスでチームを勝利へと導いた。

さらに、最も得点がほしいエースのラダメル・ファルカオ(モナコ)、ファン・クアドラード(ユベントス)も今大会初ゴールをマークして、ポーランドを3-0で粉砕。
第二戦を終えて、グループHの中で最も勢いに乗っているといって差し支えないだろう。

マッチレビューと予想をチェック!【最新のオッズ】
セネガルコロンビアセネガル
vs
コロンビア

ブックメーカーのオッズは…?
セネガル セネガルに賭けたい コロンビアに賭けたい コロンビア

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

コロンビアの強力アタッカー陣が牙をむく

やはり11人のコロンビアは強い。改めて、日本戦では数的有利、ハメス・ロドリゲスのコンディション不良、ファン・クアドラードの前半交代等ラッキーな面が大きかったと感じる。

この試合は、勝利が絶対条件のコロンビアが長い時間ボールを保持し、セネガルゴールを脅かすシーンを多く作ることになるだろう。

セネガルは、万全の状態のコロンビアの前線4人ファルカオ、クアドラード、キンテーロ、ハメス・ロドリゲスを抑えることができるだろうか…。

カリドゥ・クリバリ(ナポリ)等守備陣がここで踏ん張って無失点に抑えれば、決勝トーナメント進出は見えてくる…。

そんなグループステージリーグH最終節「セネガル対コロンビア」の一戦は、日本時間28日23時キックオフ予定となっている。

グループH

チーム
コロンビア
コロンビア
201+36
日本
日本
11104
セネガル
セネガル
11104
ポーランド
ポーランド
102-33

他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑