【デンマーク対フランス】マッチプレビュー

デンマーク対フランス
6月26日・23:00

早々にグループステージ突破を決めたレ・ブルー

キリアン・ムバッペ今大会優勝候補筆頭のフランスは、初戦オーストラリア戦を2-1で勝利し、続く第二戦のペルー戦でも1-0で勝利。最終節を残して、既にグループステージ突破を決めている。

ウスマン・デンベレ前節は、ウスマン・デンベレ(バルセロナ)に代えてフレズ・マテュイティ(ユベントス)を入れて、さらに最前線にボールが収まるオリヴィエ・ジルー(チェルシー)を置き、前線に安定感を齎したディディエ・デジャン。

この采配がズバリ的中し、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)、キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)が伸び伸びプレーできるようになり、結果的に19歳のムバッペが決勝点を決めてチームを勝利に導いた。

対して、初戦のペルー戦で1-0で勝利するも、続くオーストラリア戦では決め手を欠いてドローに終わったデンマーク。

クリスティアン・エリクセンクリスティアン・エリクセン(トッテナム・ホットスパー)の大会初ゴールが生まれたことは好材料だったが、格下と思われていたオーストラリア相手にボールポゼッション、シュート数ともに上回られ内容では黒星に値するような出来だった。

最終節のフランス戦は、ドロー以上でも決勝トーナメント進出が決まるというやや複雑なシチュエーションだが、知将オーゲ・ハレイデはどのような戦い方を選択するだろうか。

マッチレビューと予想をチェック!【最新のオッズ】
デンマークフランスデンマーク
vs
フランス

デンマーク デンマークに賭けたい フランスに賭けたい フランス

フランスは主力選手温存も…?

デンマークとしては、初戦決勝ゴールを挙げたユフス・ポウルセン(ライプツィヒ)が累積警告で出場できないことが不安材料だが、何れにせよ押し込まれる時間が長くなるであろうこの試合は、1度か2度訪れる決定機を確実に仕留められるかどうかがキーポイントとなる。

とりわけ、前節コンディションの良さを窺わせたエースのニコライ・ヨルゲンセン(フェイエノールト)、エリクセンに期待がかかる…。

対するフランスは、既にグループステージ突破を決めているということで、決勝トーナメント初戦を見据えてポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)等一部の主力選手を温存するかもしれない。

現地メディアでは、ここまで出場機会が得られていないフロリアン・トヴァン(オリンピック・マルセイユ)が始めて起用されるのではないかとの報道もなされて/pが、指揮官デジャンの選手起用にも注目が集まる。

そんな注目のグループステージリーグC最終節「デンマーク対フランス」は、日本時間26日23時キックオフ予定となっている。

グループC

チーム
フランス
フランス
210+27
デンマーク
デンマーク
120+15
ペルー
ペルー
10203
オーストラリア
オーストラリア
012-31

フランス代表が好きな理由:選手の多様性世界一!選手層が厚く強すぎる!
他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑