【因縁対決】シティ対ウィガンのFAカップ5回戦結果

2013/14シーズンのFA杯決勝再現

シティ ウィガン現地時間19日、イングランドFAカップ5回戦が行われ、プレミアリーグ首位のマンチェスター・シティはウィガン・アスレチックの本拠地DWスタジアムに乗り込んだ。

プレミアリーグで未だわずか1敗で首位独走状態のマンチェスター・シティ。指揮官ペップ・グアルディオラは、アルゼンチン代表セルヒオ・アグエロ、スペイン代表ダビド・シルバ、ドイツ代表イルカイ・ギュンドアン、ポルトガル代表ベルナルド・シウバ等豪華メンバーを先発に抜擢。

対するホームのウィガンも、エースストライカーのウィル・グリッグ、ギャビン・マジー、デビッド・パーキンス、クリスティアン・ウォルトン等ベストメンバーが名を連ねた。

2013/14シーズンのFA杯決勝でも激突した両チーム。当時はウィガンが大金星を挙げて優勝カップを勝ち取ったが、今回マンチェスター・シティはリベンジなったのだろうか。

試合は戦前の予想通り、マンチェスター・シティが前半から圧倒的にボールを保持する展開となる。

セルヒオ・アグエロ、イルカイ・ギュンドガン、フェルナンジーニョ等がウィガンゴールに襲い掛かるも、ウィガン守護神のクリスティアン・ウォルトンの好セーブもあってなんとかシティの立ち上がりの猛攻を死守。

すると前半アディショナルタイム。マンチェスター・シティのファビアン・デルフがエースのウィル・グリッグに対して両足の裏を見せる危険なタックルを見舞い、一発レッドカードで退場処分となってしまった。

数的不利となったマンチェスター・シティだが、後半に入っても相変わらず高いボール保持率を持ってしてウィガンゴールに襲い掛かる。
しかしながら、肝心なゴールを奪うことができない…。

すると78分、ウィガンはカイル・ウォーカーのミスからボールを奪ったウィル・グリッグが、自らゴール前まで運んでシュート。これがシティゴール右隅に突き刺さって、圧倒的不利とされていたウィガンが先制ゴールを奪取した。

その後マンチェスター・シティは同点に追いつくことができず、このウィル・グリッグのゴールが決勝点となってウィガンが次のステージへと勝ち上がった。

80パーセント以上ものボール保持率を記録しながら、またしても宿敵の前に散ったシティ。4冠の夢はここで潰えた。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑