【CL決勝戦結果】サラー弾で先制のリバプールが6度目栄冠!

前回大会の雪辱を晴らしたレッズ

リバプール現地時間1日、エスタディオ・ワンダ・メトロポリターノで「トッテナム対リバプール」のUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦が行われた。

トッテナムは、ハリー・ケインが復帰したほか、ソン・フンミン、クリスティアン・エリクセン、トビー・アルデルヴァイレルト、ヤン・フェルトンゲン等が先発で登場。

前回大会の雪辱を晴らしたいリバプールも、モハメド・サラーをはじめ、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、トレント・アレクサンダー・アーノルド、ヴィルギル・ファン・ダイク等ベストメンバーがスタメンに名を連ねた。

試合前プレビュー

試合は開始20秒で大きな動きを見せる。
サディオ・マネのクロスに対し、トッテナムのムサ・シソコがペナルティエリア内でハンドを犯してしまい、リバプールにペナルティキックが与えられた。

これをモハメド・サラーが冷静に沈めて、リバプールがチャンピオンズリーグ史上二番目の早さで先制点をマーク。

その後も主導権はリバプールが握ったが、前半はどちらも慎重な戦いぶりとなり、1-0のまま折り返した。

後がなくなったトッテナムは、後半からギアを上げてくる。65分のルーカス・モウラの投入を皮切りに、いっきに交代枠3つを使い切って、勝負に出た。

しかしながら、プレミア年間最優秀選手のファン・ダイク、守護神アリソンにことごとくチャンスを跳ね返され、ゴールネットを揺らすには至らない…。

すると86分、リバプールがあまりにも貴重な追加点をマークする。
途中出場のディボック・オリギがセットプレーの流れから個人技による得点をマークし、2-0とした。

結局試合はこのままタイムアップとなり、リバプールがトッテナムとの同国対決を制して14年ぶり6度目のチャンピオンズリーグ制覇を達成!

MVPはファン・ダイク!

リバプールは6割以上ボールポゼッションされつつも、終始安定した戦いぶりを見せて危なげなく勝利。見事昨シーズンの決勝戦の雪辱を晴らすことに成功した。

尚、決勝戦のMVPにはファン・ダイクが選出され、今シーズンのバロンドール獲得もいよいよ現実味を帯びてきた。

ベッティングトップ10では、今週も世界各国の注目カードの最新オッズ記事を随時更新します!


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑