【CL決勝結果】途中出場ベイルが圧巻ゴラッソ2発で試合決める

NEW!
CLグループステージ組み分け決定!2018/19シーズン

レアルリバプール
レアル リバプール
3 – 1
試合終了

両者ベストメンバーで迎えたファイナル

現地時間26日、ウクライナのオリンピスキ・スタジアムでレアル・マドリードとリバプールによるUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦が行われた。

前人未踏の3連覇を目指すレアル・マドリード指揮官ジネディーヌ・ジダンは、絶対的エースのクリスティアーノ・ロナウドをはじめ、カリム・ベンゼマ、イスコ、ルカ・モドリッチ、トニ・クロース等ベストメンバーが先発。

NEW!
UEFAが発表した
2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ
ベストメンバー一覧


対する13年ぶりの優勝を目指すリバプール指揮官ユルゲン・クロップも、今季プレミアリーグ得点王のモハメド・サラーをはじめ、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、ジョーダン・ヘンダーソン等ベストメンバーを送り出した。

戦前の予想通り、リバプールがクロップの真骨頂である「ゲーゲンプレッシング」でサラー、フィルミーノ、マネ等最前線の選手がハードワーク。
立ち上がりはこの激しいプレッシングに苦しんだレアル・マドリードだったが、守護神ケイラー・ナバスが好セーブを見せるなどして失点は許さない。

30分に、非常に良い入りを見せたリバプールにアクシデントが襲い掛かる。セルヒオ・ラモスとの接触プレーで肩を負傷したエースのサラーが試合続行不能な状態に…。前半のうちにアダム・ララーナとの交代でピッチを退いてしまった。

ここから急速にファイティングスピリットを失い始めるリバプール。前半はなんとかスコアレスの状態で終えたものの、後半立ち上がりにミスから失点を喫する。

50分、リバプール守護神ロリス・カリウスがボールキャッチから転がそうとしたボールに、カリム・ベンゼマが反応。思い切り伸ばした足がボールをかすめて角度が変わり、リバプールゴールへと吸い込まれていった。

不用意なプレーから痛恨の失点を喫したリバプールだが、すぐさま同点に追いつく。54分、セットプレーからデヤン・ロブレンがヘディングでつないだボールに、サディオ・マネが押し込んで試合を振り出しに戻した。

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

ジネディーヌ・ジダンは、その後決定機を逸し続けたイスコを下げて、ギャレス・ベイルを投入する。結果的に、この采配が試合の行方を決することとなる。

63分、マルセロからのディフレクトしたクロスに、ギャレス・ベイルが圧巻のオーバーヘッドキックでリバプールゴールを射止める。あまりにも美しい軌道を描いたボールは、キーパーノーチャンスのコースへと飛び、ゴールへと吸い込まれた。

完全に勢いに乗ったレアル、いやベイルは、83分にもゴラッソ。ペナルティエリア外から強烈な無回転シュートを放つと、キャッチしようとしたカリウスの手を弾いてゴールへと転がり込んだ。

結果、この得点がとどめの一発となり、レアル・マドリードがリバプール相手に3‐1で勝利。史上初となるチャンピオンズリーグ3連覇を達成した。
とりわけベイルの一点目、勝ち越しゴールは欧州サッカー史に残るスーパーゴールとなった。あの瞬間テレビの前で雄たけびを上げたファンは少なくないのでないだろうか…。

リバプール主将はカリウスを擁護「彼一人の責任にすること等できない
守護神が大舞台でまさかのミス連発

リバプール三銃士が偉業達成 CL史上初同一チーム3人が二桁得点
サラー、マネ、フィルミーノが揃って10得点


【W杯のオッズ】ワールドカップロゴ
► 優勝国予想のオッズ ◄
ワールドカップ得点王予想オッズ グループ通過国予想オッズ グループステージ勝者予想オッズ アジア勢の優勝オッズはいかに? ワールドカップオッズのタグ

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑