アザールがネイマールの移籍に言及「かなりビックリした」

・ネイマールの移籍に驚きを隠せない?
チェルシーでプレーするベルギー代表のエデン・アザールは、今夏のマーケットでバルセロナからパリ・サンジェルマンへ移籍したブラジル代表のネイマールの決断に未だ驚きを隠せない様子のようだ。

バルセロナではウルグアイ代表のルイス・スアレス、そしてアルゼンチン代表のリオネル・メッシとともの「MSNトリオ」を形成しリーガエスパニョーラ、国王杯、チャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップ等あらゆるタイトルを総なめしてきたブラジルの天才ネイマール。

新たなキャリアをスタートさせるため、リーグアンへと渡り、バルセロナに歴代最高額となる290億円(違約金含む)もの移籍金を残してパリ・サンジェルマンの一員となった。そんなキャリアの分岐点ともいえるような非常に重要な決断を下したネイマールに対して、今なおアザールは驚きを持っているそうだ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

アザールは『SFR』のインタビューにてこのように語っている。
「ネイマールのバルセロナ退団は驚いたかって?ああ、かなりびっくりしたさ。もちろんパリ・サンジェルマンは世界屈指の名門クラブだけど、バルセロナは世界最高のクラブだと思う。彼の移籍についてキャリアの後退と表現するわけではないけど、バルセロナで複数人の世界最高の選手とともにプレーするチャンスを彼は自ら手放してしまった。とはいえ、パリ・サンジェルマンだっていかなるタイトルをも狙えるビッグクラブなんだけどね。」

パリ・サンジェルマンへの一定の敬意を示すような表現を用いつつも、少なくともアザールはバルセロナからパリ・サンジェルマンへの移籍について「都落ち」といった印象を抱いていることが窺える。ただ、加えてこのようにも語っている。

「ネイマールにはネイマールなりの考えがあるはず。我々は彼ら他人の決心にリスペクトする必要があるね。それにもしネイマールがパリ・サンジェルマンであらゆるタイトルを獲得するに至った場合、僕らは彼の選択に間違いが無かったと言う必要があるね。」と、あくまで他人が下した大きな決断事に、外野が干渉することは間違っているという一定の「敬意」もはらったアザール。

はたしてネイマールはアザールの言うようにこのフランスの地からヨーロッパの頂点へと返り咲くことはできるのだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑