アジアトップから陥落の錦織 6年半ぶりに30位台へ【最新ATP世界ランキング】

錦織は前回から8つ順位を下げて33位

錦織現地時間19日、男子テニスの最新ATP世界ランキングが発表された。
錦織圭は、前回から8つ順位を下げて33位へ後退。常にアジアのトップに君臨してきた錦織が、世界ランキング30位代になるのは2011年10月以来の約6年半ぶりのこととなる。

そして、前回から3つ順位を上げて自己最高順位を更新した23位のチョン・ヒョン(韓国)が、とうとう錦織をかわしてアジアトップに躍り出た。

上位勢を見てみると、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)で決勝まで進んだロジャー・フェデラー(スイス)が首位。2位にラファエル・ナダル(スペイン)、3位マリン・チリッチ(クロアチア)と順位の変動は無し。

BNPパリバ・オープンでフェデラーを破って優勝したデル=ポトロ(アルゼンチン)は前回から2つ順位を上げて6位へ浮上した。その他L・プイユ(フランス)が自身初となるトップ10入りを果たしている。

3月19日付の男子ATP世界ランキングトップ10は以下の通り。

▼1位[ – ]…R・フェデラー
9,660P(10,060P)

▼2位[ – ]…R・ナダル(スペイン)
9,370P(9,460P)

▼3位[ – ]…M・チリッチ(クロアチア)
4,905P(4,870P)

▼4位[ – ]…G・ディミトロフ(ブルガリア)
4,600P(4,635P)

▼5位[ – ]…A・ズベレフ(ドイツ)
4,505P(4,540P)

▼6位[ +2 ]…J・M・デル=ポトロ
4,155P(3,200P)

▼7位[ -1 ]…D・ティーム(オーストリア)
3,675P(3,810P)

▼8位[ +1 ]…K・アンダーソン(南アフリカ)
3,235P(3,080P)

▼9位[ -2 ]…D・ゴファン(ベルギー)
3,190P(3,280P)

▼10位[ +2 ]…L・プイユ
2,420P(2,455P)

他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑