アルゼンチンチームが好きな理由:天才メッシとその仲間のプレーがみたい!

アルゼンチン代表
今回は世界のサッカー強豪国アルゼンチンについてです。前回の2014年ワールドカップでも準優勝に輝いたアルゼンチン。ワールドカップ出場回数28回、優勝2回、現在のFIFAランキングは5位です

ご存知の通り、世界最強のドリブラーのリオネル・メッシの出身国ですね。歴史的にもスター選手を輩出しており、天才マラドーナを輩出した国でもあります。

。。。アルゼンチンは後半アディショナルタイムにメッシのアシストからアグエロが追撃弾を決めるが、試合はこのままタイムアップ。
結果、フランスがアルゼンチンを4-3で下した。。。

フランス対アルゼンチン結果

ラウンド16
フランスアルゼンチンフランス
4-3
アルゼンチン
6月30日・23:00

フランス対アルゼンチン結果
決勝T第一試合は壮絶な点の奪い合い

決勝トーナメント
表と結果
ワールドカップロゴワールドカップロゴ

ワールドカップロゴワールドカップロゴ
決勝トーナメント

グループステージのゲーム
ナイジェリアアルゼンチンナイジェリア
1-2
アルゼンチン
6月27日・3:00

アルゼンチンクロアチアアルゼンチン
0-3
クロアチア
6月22日・3:00

アルゼンチンアイスランドアルゼンチン
1-1
アイスランド
6月16日・22:00

グループD

チーム
クロアチア
クロアチア
300+69
アルゼンチン
アルゼンチン
111-34
ナイジェリア
ナイジェリア
102-13
アイスランド
アイスランド
012-31

メッシが最高!

ライオネル・メッシ

今のアルゼンチン代表を語る上で欠かせないのがメッシの存在です。メッシのキャリアを軽く振り返ってみましょう。

リオネル・メッシはアルゼンチン・ロサリオ出身の30歳。あまり裕福でない家庭に生まれたのだそうです。5歳のときに父親がコーチをつとめる地元チームで始め、8歳のときにロサリオのサッカーチーム・ニューウェルズ・オールドボーイズに加入します。ところが10歳のころ成長ホルモン分泌異常(低身長)と診断されてしまいます。チームはメッシの治療費を工面することを拒否されてしまいます。

メッシ13歳のときに試験を受けたスペイン・FCバルセロナの試験でメッシは合格。当時の監督カルロス・レシャックはメッシの才能を深く評価し、すぐさま家族全員のスペイン移住を補助し成長ホルモン異常の治療費の全額負担を約束するなど破格の援助を申し出、メッシとその家族は条件を快諾してスペインに移り住みます。

メッシ家族は2001年スペインに移住、バルサのユースチームでプレイを開始し、同時に治療も開始します。17歳でユースにてデビュー。治療の甲斐もあって身長も170cmまで伸びます。

そこから今の世界最高峰選手としての活躍はご存知の通り。フランスのサッカー専門誌が選ぶヨーロッパの最高サッカー選手に送られる由緒ある賞バロンドールを史上最高の5回の受賞をうけた、サッカー史上最高の選手の1人です

正式に発表されたワールドカップ本戦メンバー

ホルヘ・サンパオリ監督率いるアルゼンチン代表チームは、5月14日にW杯本戦登録メンバー23名を発表しました。FWリオネル・メッシ、FWパウロ・ディバラ、FWゴンサロ・イグアイン、MFハビエル・マスチェラーノなど、世界で活躍する選手が登録されています。

イグアイン ディバラ

期待されていたイタリアのセリエAで活躍するFWのマウロ・イカルディが残念ながら登録メンバーから外されました。マウロは試合でのすばらしい活躍と試合外で起こす問題行動でよくも悪くも目立つ選手です。今回の登録選手漏れが今までの素行と関係あるのかはわかりませんが、素晴らしいストライカー、ゴールセンス抜群の点取り屋がメンバーには入らなかったのは残念です。

マウロ・イカルディ

アルゼンチン代表はW杯グループDに属していて、6月16日に対アイスランド戦、同21日に対クロアチア戦、26日に対ナイジェリア戦が予定されています。

 ■W杯メンバー23名

アルゼンチン代表23名は以下の通り。

▼ GK

セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U/イングランド)
ウィリー・カバジェロ(チェルシー/イングランド)
フランコ・アルマーニ(リーベル・プレート)

▼ DF

ガブリエル・メルカド(セビージャ/スペイン)
クリスティアン・アンサルディ(トリノ/イタリア)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C/イングランド)
フェデリコ・ファシオ(ローマ/イタリア)
マルコス・ロホ(マンチェスター・U/イングランド)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/オランダ)
マルコス・アクーニャ(スポルティング/ポルトガル)

▼ MF

エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ/ポルトガル)
ルーカス・ビリア(ミラン/イタリア)
ジオヴァニ・ロ・チェルソ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏/中国)
エベル・バネガ(セビージャ/スペイン)
マヌエル・ランシーニ(ウェストハム/イングランド)
マクシミリアーノ・メサ(インデペンディエンテ)
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス)
クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)

▼ FW

リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)
ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス/イタリア)
パウロ・ディバラ(ユヴェントス/イタリア)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C/イングランド)

アルゼンチン アルゼンチン最終メンバー一覧

グループD

チーム
クロアチア
クロアチア
300+69
アルゼンチン
アルゼンチン
111-34
ナイジェリア
ナイジェリア
102-13
アイスランド
アイスランド
012-31

2018ロシアワールドカップ優勝国予想のオッズ

W杯2018の優勝オッズ

  1. 1位:フランスフランス:勝者
  2. 2位:クロアチアクロアチア
    フランス対クロアチア結果
  3. 3位:ベルギーベルギー
    【ベルギー対イングランド結果】(3位決定戦)
    フランス対ベルギー結果
  4. 4位:イングランドイングランド
    【ベルギー対イングランド結果】(3位決定戦)
    【クロアチア対イングランド結果】
  5. 5位:ブラジルロシア
    【ロシア対クロアチア結果】
  6. 。。。
  7. 11位:日本:日本 ……ジョットコースターのような試合だったが、日本がこれまでで最もベスト8に近づいた瞬間だった…。
    尚、勝利したベルギーは、現地時間6日にブラジルと準々決勝を戦う。
    もっと見るベルギー対日本結果
  8. 。。。もっと見る。。。(優勝国予想のオッズ)

Tags: , ,


About the Author

はベッティングトップ10の編集者の一人です。長年のフリーランスウェブマスターとしての経験の後ベッティングトップ10の新しい部署を担当するために雇われることになりました。Benjyは歴史と地理の学士号を持っているものの一番の情熱はウェブサイトの構築とサッカー観戦にあるそうです。



Comments are closed.


Back to Top ↑