アーセナル対リバプールは白熱の展開に…終盤にドラマが

無敗継続中同士のビッグマッチ

アーセナル現地時間3日、イングランド・プレミアリーグ第11節が行われ、アーセナルが本拠地エミレーツスタジアムに無敗リバプールを迎えた。

公式戦13戦無敗のアーセナルと、プレミア10戦無敗リバプールによる今節最大の注目カード。

エメリ率いるアーセナルは、ここまで7ゴールと好調のピエール・エメリク・オーバメヤンをはじめ、アレクサンドル・ラカゼット、メスト・エジル、ルーカス・トレイラ、エクトル・ベジェリン等ベストメンバーを起用。

対するクロップ率いるリバプールも、10番サディオ・マネをはじめ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、トレント・アレクサンダー・アーノルド、ヴィルギル・ファン・ダイク等現時点でのフルメンバーが顔を揃えた。

アーセナル対リバプール試合前プレビュー

前半から激しい攻防が続いたビッグマッチ。最初の45分は互いに決め手を欠いてスコアレスのまま折り返すが、後半から大きくゲームが動き始める。

60分、左サイドを突破したサディオ・マネが中央へ折り返すと、このボールをアーセナルGKベルント・レノがパンチング。

これが不運にもアーセナルDFに当たってディフレクトし、フリーのジェームズ・ミルナーの元へ…。

ミルナーは思い切りよくダイレクトシュートを放ち、これがアーセナルゴールを揺らした。

先取点を奪ったアウェーのリバプール。その後も試合のペースを握り、積極果敢にゴールを狙うが、なかなか追加点を奪うことはできず…。

すると迎えた82分。アーセナルは交代出場のナイジェリア代表FWアレックス・イウォビからのスルーパスを受けたアレクサンドル・ラカゼットが、リバプールGKアリソンを交わしてコントロールショット。

これが美しい軌道を描きながらリバプールゴールへと吸い込まれていった。

エミレーツスタジアムのボルテージは最高潮に達したが、この後逆転弾をマークするには至らず…。
結果、リバプールとアーセナルによるビッグマッチは1-1の痛み分けドローに終わった。

プレミアリーグ優勝予想最新オッズをチェック!

リバプールのCLゲームのオッズをチェック!

敵地アーセナルとのビッグマッチをドローで終えたリバプール。

ミッドウィークには、UEFAチャンピオンズリーググループステージでセルビア覇者のレッドスターと激突する!

大手ブックメーカーサイトウィリアムヒルの最新オッズは以下の通り。

ベッティングトップ10では、毎週世界各国の注目ゲームをピックアップしてオッズ記事を更新します!

今すぐ登録

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑