【イラン対ポルトガル結果】ロナウドPK失敗で大苦戦のポルトガル

イランが欧州王者相手に猛威を振るう

リカルド・クアレスマ現地時間25日、ロシアワールドカップグループステージリーグB最終節が行われ、イランとポルトガルが激突した

次の試合 ►
ラウンド16
ウルグアイポルトガルウルグアイ
vs
ポルトガル

7月1日・3:00

この試合勝利すれば決勝トーナメント進出が決まるイランは、エースのサルダン・アズムン(ルビン・カザン)をはじめ、エールディビジ得点王のアリレザ・ジャハンバクシュ(AZ)、サイード・エザトラヒ(アムカル・ベルミ)、守護神アリレザ・ベイランバンド(ペルセポリス)等ベストメンバーが先発に名を連ねた。

対して、ドロー以上で決勝トーナメント進出が決まるポルトガルも、エースのクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)をはじめ、アンドレ・シルバ(ミラン)、リカルド・クアレスマ(ベジクタシュ)、ジョアン・マリオ(ウエストハム)等ベストメンバーが先発で登場。

得点王予想オッズ

試合開始から長らく膠着状態が続いたこの試合、前半終了間際にようやく最初の動きを見せる。
ポルトガルは、右サイドでボールを受けたリカルド・クアレスマがワンツーから中へ切り込みシュート。アウトサイドで放たれた矢のような鋭いシュートは、イランゴールに突き刺さった。

後半立ち上がりには、ビデオアシスタントレフェリーの介入によりポルトガルにペナルティキックが与えられるが、これをキッカーのクリスティアーノ・ロナウドが失敗。

対して勝たなければ突破できないイランは闘志むき出しでポルトガルゴールに迫り続けるが、なかなか決定的なチャンスを作るには至らない。

試合はこのまま終了するかと思われたが、後半アディショナルタイムにまたしてもビデオアシスタントレフェリーの介入によって、今度はイランにペナルティキックが与えられる。

これを途中からキャプテンマークを巻いたカリム・アンサリファルドが冷静に沈めて、土壇場で試合を振り出しに戻した。

しかし、これ以上は両者得点を奪うことはできず、結果イラン対ポルトガルは1-1のドローに終わった。これにより、ポルトガルは2位で決勝トーナメント進出を決めた。

ワールドカップロゴ決勝トーナメント

グループB

チーム
スペイン
スペイン
120+15
ポルトガル
ポルトガル
120+15
イラン
イラン
11104
モロッコ
モロッコ
012-20

► ワールドカップ優勝予想 ◄

他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑