インテルがゴディンの獲得を発表!アトレティコからフリー移籍

してやったりのインテル

ディエゴ・ゴディン現地時間1日、インテル・ミラノはアトレティコ・マドリードからウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンを獲得したことを正式に公表した。

ディエゴ・ゴディンとアトレティコ・マドリードの間に結ばれていた契約期間は2019年6月30日までだったため、移籍金が発生しないかたちでインテル・ミラノが獲得に至った模様。

また、現地メディア『Onefootball』の報道によると、インテル・ミラノとディエゴ・ゴディンの契約期間は、カタールワールドカップが開催される年の2022年までとなっており、3年間イタリアの地でプレーすることになる。

気になるサラリーの方は、年俸450万ユーロ(約5億8500万円)に、最高600万ユーロ(約7億8000万円)の出来高オプションが付随するという契約内容のようだ。

衰えを知らないディフェンスリーダー

キャリアの佳境を迎えつつあるウルグアイのディフェンスリーダーだが、2010年の南アフリカワールドカップでウルグアイ代表をベスト4へと導いたのち、アトレティコ・マドリードでのサッカー人生がスタートした。

その1年半後には、闘将ディエゴ・シメオネがアトレティコ・マドリードにやってきて、瞬く間に最終ラインのリーダーとして君臨。

2013-14シーズンには、ライバルのレアル・マドリード、バルセロナ等を抑えて18季ぶりにラ・リーガ・サンタンデールを制した他、UEFAヨーロッパリーグを2度制し、12-13シーズンには国王杯も勝ち取った。

まだまだ衰えを知らない世界屈指のDFディエゴ・ゴディン。

ウルグアイ代表としても、131試合で歴代最多キャップ数を誇っており、コパ・アメリカ2019でもレギュラーとしてウルグアイをベスト8へ導いた。

ブラジル対アルゼンチン【予想とオッズ】 

インテル・ミラノでは、指揮官アントニオ・コンテの元3-5-2のフォーメーションが採用されることが濃厚となっているが、最終ラインでミラン・シュクリニアル、ステファン・デフライとトリオを組むことになるだろう。

ディエゴ・ゴディンのイタリアでの新シーズンに注目だ!

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑