ウクライナ戦勝利誓う本田 チーム立て直しに必要なのは勝利のみ

日本対ウクライナ
3/27 – 21:20

「マリ戦と同じ戦い方をすれば0-3で負ける」

本田半年ぶりに日本代表に復帰した本田圭佑の頭の中には、「勝利」の二文字しかない。

失意のドローに終わった「仮想セネガル」マリ代表戦後、次なる相手「仮想ポーランド」ウクライナ代表の印象について問われた本田。「ウクライナ代表の試合を見たけど、明らかにマリ代表よりも強い相手だ」とコメント。

世界ランキングでもマリ代表の67位、日本代表の55位に対して、ウクライナ代表は35位と格上の相手だ。

ウクライナ戦を前日に控えた本田は、「23日の試合と同じような戦い方をした場合、おそらく0-3で敗れるような相手という認識を持った。それでも、絶対にやらせないぞという強い気持ちを見せなければいけない。最悪でもドローが必要。はっきり言って、勝たないといけないと思っている」と語った。

また、自身も所属していたセリエAのACミランのレジェンドであるウクライナ代表指揮官に対して、「相手の監督は、勝者のメンタリティーを持つシェフチェンコだ。どんな相手でも全力で来ることは間違いない」と警戒した。

続けて本田は、「順当な結果になれば、日本は負けることになるかもしれないけど、それを覆すんだ。勝つしかない。ドローではなく勝ちしかないという気持ちをこのチームに浸透させたい。まずはそこから始めなければいけない」

► ► ハリルホジッチ電撃解任!W杯2か月前の更迭

► 日本代表×ウクライナ代表【予測とオッズ】

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

本戦を見据えた「仮想ぶっつけ本番」でもある

「こないだの試合とはまた違った意味でぶっつけ本番の試合になる。仮想ぶっつけ本番という言い方だってできる。ワールドカップ本大会でも、チームがまとまらない中試合を迎えてしまうことだってある。そうした場面で、上手く立て直すことができるかどうかというのも一つのシミュレーションだ」

やはり、毎度レギュラーで出場している選手、そして過去二大会のワールドカップで得点を決めている選手の発言だ。

ここから経験豊富な本田、またキャプテンの長谷部、長友、川島といったベテラン勢が筆頭となって、迷走中のハリルジャパンを正しい方向へ立て直すことができるだろうか。
長らく勝利から遠ざかっている日本代表にとって必要なのは、とにかく自信を得られる結果、つまり勝利のみだ

注目のウクライナ代表戦は、日本時間27日21時20分キックオフ予定となっている

► 日本代表×ウクライナ代表【予測とオッズ】

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑