【ウルグアイ対フランス】マッチプレビュー

グリーズマンVSゴディン&ヒメネス

グリーズマン決勝トーナメント一回戦、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)擁するヨーロッパ王者ポルトガルを相手にゲームを支配されながらエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)の個人技による2ゴールにより快勝したウルグアイ。

そして、リオネル・メッシ(バルセロナ)擁するアルゼンチン相手に4-3の乱打戦を演じてなんとかベスト8へと勝ち上がったフランス。

今大会屈指のビッグマッチとなった準々決勝第一試合だが、両者のチームカラーは大きく異なる故勝敗の予想が極めて困難だ。

展開としては、前回二得点のキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)等擁する攻撃的なフランスが、長い時間ボールを支配しながらウルグアイの強固なディフェンス陣をじわじわと攻略するといった流れになるだろう。

ウルグアイ側は、そうしたフランスの圧倒的な個人技から織り成される攻撃を上手くいなして、速攻カウンターで効率よくゴール前へボールを運ぶというシンプルな戦術を徹底してくることが予想される。

ディエゴ・ゴディン大きな見どころとなるのは、アトレティコ・マドリードでエースのグリーズマンと、同じくアトレティコ・マドリードの守備の要であるディエゴ・ゴディンとホセ・ヒメネスによる同胞同士のマッチアップ。

その他、バルセロナで同胞のルイス・スアレスとサムエル・ウムティティのマッチアップと、トップオブトップの攻守両選手のハイレベルな戦いが見られる一戦だ。

準決勝進出予想とオッズ

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

カバーニ欠場なら苦戦必至のウルグアイ

ウルグアイとしては、決勝トーナメント一回戦ポルトガル戦で2ゴールを決めたエディンソン・カバーニの負傷度合いが気になるところ。彼が復帰するか否かでチームの戦術、総合値は大きく変動する。

本大会でのウルグアイの決定機は、ほとんどスアレスとカバーニによるコンビプレーから生まれているため、その一角が不在となると、非常に難しい試合を強いられることになるだろう。

そんな注目の準々決勝「ウルグアイ対フランス」の一戦は、日本時間6日23時キックオフ予定となっている。

アルゼンチン相手に4発叩き込んだフランスがわずかに優勢となっているが、果たして勝利するのはどちらのチームになるだろうか…?
マッチレビューと予想をチェック! 最新のオッズ 人気のペッティングマーケット
ウルグアイ代表メンバー一覧 フランス代表メンバー一覧

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑