【ウルグアイ対フランス結果】グリーズマンの無回転ミドル炸裂!

ウルグアイの追随を許さなかったレ・ブルー

レ・ブルー現地時間6日、ロシアワールドカップ準々決勝が行われ、、ウルグアイとフランスが激突した。

準決勝・予想とオッズ
フランスベルギーフランス
vs
ベルギー

7月11日-3:00
サンクトペテルブルク

フランスに賭けたい フランス ベルギーに賭けたい ベルギー

ポルトガル戦2ゴールのエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)を負傷で欠くウルグアイは、エースのルイス・スアレス(バルセロナ)をはじめ、ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス)、マティアス・ベシーノ(インテル)、キャプテンのディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)等が先発出場。

対するフランスは、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)をはじめ、キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)、オリヴィエ・ジルー(チェルシー)、ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)等豪華メンバーが先発に名を連ねた。

ラファエル・ヴァラン試合序盤から主導権を握ったのは戦前の予想通りフランスだった。39分には勢いそのままに先制に成功する。

敵陣でフリーキックのチャンスを得ると、グリーズマンが蹴ったボールにラファエル・ヴァランがヘディングで合わせてレ・ブルーが1-0とした。

失点直後のウルグアイ、セットプレーからマルティン・カセレスが強烈なヘディングシュートを放つも、これはフランス守護神ウーゴ・ロリスのビッグセーブによって阻まれた。

前半はそのままフランスが1点リードで折り返す。
後半の比較的早い時間に、デジャン率いるフランスが追加点を奪うことに成功。
中盤でボールを奪ったポール・ポグバ。そのまま横パスでトリッソへボールを託すと、トリッソはグリーズマンへラストパス。

アントワーヌ・グリーズマングリーズマンはペナルティーエリア手前から無回転ミドルを放つと、わずかにブレたボールはウルグアイ守護神ムスレラの手を弾いてゴールへと吸い込まれた。

思わぬ形で2点ビハインドを背負うことになったウルグアイ。ここからサイド攻撃を中心に反撃を試みたが、一転が遠く最後までスコアボールに数字を刻むことはできなかった。

勝利したフランスは現地時間10日、ブラジル対ベルギーの勝者と決勝進出をかけて争う。

決勝トーナメント表

7月1日-3:00
ソチ
6月30日-23:00
カザン
7月2日-23:00
サマーラ
7月3日-3:00
ロストフ・ナ・ドヌ
ウルグアイ
ウルグアイ
2 フランス
フランス
4 2 ブラジル
ブラジル
3 ベルギー
ベルギー
ポルトガル ポルトガル 1 アルゼンチンアルゼンチン 3 0 メキシコ
メキシコ
2 日本
日本
7月6日-23:00 ニジニ・ノヴゴロド 7月7日-3:00
カザン
準々決勝 フランス
フランス
2 1 ブラジル
ブラジル
ウルグアイ
ウルグアイ
0 2 ベルギー
ベルギー
7月11日-3:00 サンクトペテルブルク
準決勝 フランス
フランス
1
ベルギー
ベルギー
0
3位決定戦
決勝
7月16日
フランス
フランス
4 1位 2 ベルギー
ベルギー
00:00
モスクワ
クロアチア
クロアチア
2 2位 0 イングランド
イングランド
7月14日 - 23:00 – サンクト・ペテルブルク
準決勝 クロアチア
クロアチア
2
イングランド
イングランド
1
モスクワ
7月12日 - 3:00
準々決勝 ロシア
ロシア
2(3)
PK戦
0 スウェーデン
スウェーデン
クロアチア
クロアチア
2(4*)
PK戦
2 イングランド
イングランド
ソチ
7月8日-3:00
サマーラ
7月7日-23:00
スペイン
スペイン
1(3)
PK戦
クロアチア
クロアチア
1(3*)
PK戦
1 スウェーデン
スウェーデン
1(3)
PK戦
コロンビア
コロンビア
ロシア
ロシア
1(4*)
PK戦
デンマーク
デンマーク
1(2)
PK戦
0 スイス
スイス
1(4*)
PK戦
イングランド
イングランド
モスクワ
7月1日-23:00
ニジニ・ノヴゴロド
7月2日-3:00
サンクトペテルブルク
7月3日-23:00
モスクワ
7月4日-3:00
これらの国々に賭ける

ワールドカップロゴワールドカップロゴ決勝トーナメント
決勝トーナメント
PDFダウンロード

フランス 4-2 クロアチア
【グループステージの結果】

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!
決勝トーナメント】【グループステージの結果】【優勝国予想のオッズ】【もっとW杯のオッズ

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑