【ウルグアイ対ポルトガル】マッチプレビュー

唯一全勝無失点で突破のウルグアイ

ルイス・スアレスロシアワールドカップは、グループステージの全日程を終了し、いよいよ栄えある16強の戦士たちが出揃った。

30日に先陣を切って登場するのが、フランスアルゼンチンポルトガルウルグアイの四か国。今回は、「ポルトガル対ウルグアイ」のマッチレビュー。

ブックメーカーのオッズは…?

グループステージを全勝無失点で勝ち上がった南米の雄ウルグアイ。同じく全勝で勝ち上がったベルギー、クロアチアとともに今最も波に乗るチームだ。

エディンソン・カバーニルイス・スアレス(バルセロナ)、エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)の2トップもそれぞれ結果を出し、さらにはロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス)、マティアス・ベシーノ(インテル)とセリエA屈指の中盤も安定している。

指揮官オスカル・タバレスも、「我々は最高の守備でボールを奪取するから、最高の攻撃ができるんだ」と自信を覗かせる。
唯一、センターバックのキャプテンディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)のパートナー、ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリード)が負傷によりロシア戦を回避した点が気になるところ。

一発勝負強いヨーロッパ王者、そしてロナウド

対して、エースのクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が好調を維持するヨーロッパ王者ポルトガル。

イラン戦、初めて先発に抜擢されるや否や先制ゴールを決めたリカルド・クアレスマ(ベジュクタシュ)は、「決勝トーナメントに勝ち上がったことが何より重要」とコメントしている通り、最低限のノルマはクリア。彼らの本当の戦いはここから始まる。

格下のイラン相手にドローを演じて後味の悪い締め方をしてしまったグループステージだが、思い返せば二年前のヨーロッパ選手権でも彼らはグループステージを一勝も挙げずに通過すると、あれよあれよという間に優勝してしまった。

決勝トーナメントの一発勝負で強さを発揮するポルトガル、そしてクリスティアーノ・ロナウド。2006年ドイツ大会以来のベスト4進出を目指す。

そんな注目に決勝トーナメント初戦「ウルグアイ対ポルトガル」は、日本時間1日3時キックオフ予定となっている。

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!
決勝トーナメント】【グループステージの結果】【優勝国予想のオッズ】【もっとW杯のオッズ

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑