エイバル戦2発のロナウドに指揮官ジダン「違う銀河から来たのか」

公式戦直近10試合17ゴールのロナウド

ロナウド ジダン現地時間10日、ラ・ リーガ サンタンデール第29節が行われ、王者レアル・マドリードはエースのクリスティアーノ・ロナウドの2得点でエイバルを2-1で退けた。

そんなレアル・マドリードの指揮官ジネディーヌ・ジダンは、この日もハイパフォーマンスを発揮したポルトガル代表のスターに対して、称賛の声を送っている。

スペインメディア「マルカ」の報道によると、エイバルとの試合後ジダンはこのようにコメントしたそうだ。

「この勝利に対して、私は特別な味をかみしめている。なぜなら、エイバルの方が全体的に優れていて素晴らしい試合を演じていたからだ。このピッチは常に攻略が難しく、彼らはいつだって最高のプレーを見せる。」

「それ故に試合前から難しいゲームになることはわかっていたし、実際に手を焼いた。プレーすることが非常に困難だったが、それでも我々は意地を見せて最終的に勝利を手にすることができた。」

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

この日もレアル・マドリードのスコアラーはクリスティアーノ・ロナウドだった。公式戦直近10試合17ゴールと圧倒的な存在感を発揮している。ジネディーヌ・ジダンは、そんなロナウドに対してもコメント。

「つくづく彼は異なる世界の選手だ。どのようにゴールを決めるのかを熟知しており、他の選手とは一線を画する存在だ。彼はいつだってゴールに貪欲で、2ゴール目を奪えば3ゴール目を奪いにいく。本当に素晴らしい精神だよ。」

常に苦戦を強いられるエイバルとのアウェー戦で勝利できたことを喜びつつ、クリスティアーノ・ロナウドが如何に特別な存在であるかということを改めて説いているジダン。
最後に、勝点差15で追いかける首位バルセロナを上回ることができるかという質問に対してはこうコメント。

「リーグ戦というのは、終わるまで何があるかわからない。それは、我々に限った話ではない。何かを欲するのであれば、すべての試合で勝利を目指さなければならない。いばらの道さ。とにかく今はじっくり休んで、家族と共に過ごし、また次の試合に向けて準備に取り掛かりたい」

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑