オバメヤンがアーセナル移籍!移籍金はクラブ史上最高額か

・オバメヤンが念願のプレミア移籍
オバメヤン現地時間31日、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントのエースストライカーで、ガボン代表FWのピエール・エメリク・オバメヤンが、遂にプレミアリーグアーセナルへ移籍した。既にアーセナルの公式ホームページで正式発表されている。

ピエール・エメリク・オバメヤンを獲得するために、アーセン・ベンゲル率いるアーセナルがいくら積んだのかは具体的に公表されていないが、イギリス複数メディアでの報道によると、クラブ史上最高額となる5600万ポンド(約86億円)の巨額マネーが動いたとされている。

現在28歳のガボン代表ストライカーは、フランスで生まれた後セリエAの名門ACミラン、リーグアンのサンテティエンヌといったクラブでプレー。その後2013年にボルシア・ドルトムントへ加入。

当時ブンデスリーガ連覇を達成したボルシア・ドルトムントで、エースストライカーだったポーランド代表のロベルト・レバンドフスキ(現バイエルン・ミュンヘン)の代役として加入したのがこのオバメヤンだった。

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

そんなオバメヤンは、4年半の間ドルトムントでエースとして君臨し、ブンデスリーガで得点を量産してきた。これまで通算144試合98ゴール、公式戦では通算213試合172ゴールという驚異的な数字を残している。

とりわけ2016/17シーズンの得点ペースは「異常」だった。ブンデスリーガ史上過去40年で最多となる「31」の得点数をマークし、最大のライバルであるロベルト・レバンドフスキを抑えてそのシーズンの得点王を獲得。

この4年半で、ブンデスリーガの歴史上最もゴールを決めたアフリカ人選手となったピエール・エメリク・オバメヤン。

アーセナルは2度のラブコールに失敗しながらも、今回遂にオバメヤン獲得に成功した。また、今冬の移籍マーケットで、チリ代表FWアレクシス・サンチェスとのトレードによりマンチェスター・ユナイテッドからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンも獲得している。

オバメヤンとムヒタリアンはボルシア・ドルトムント時代の戦友だが、イギリスの地で再びチームメイトとなることになった。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑