オーストラリア代表メンバー発表 POに向けて前回から5人入れ替え

・5人入れ替えのオーストラリア
現地時間27日、オーストラリアサッカー協会は来月行われるロシアワールドカップアジア予選プレーオフに挑むオーストラリア代表メンバー23人を発表した。

今回、指揮官アンジ・ポスタコグルーが選出した23人のうち、18人は前回の日本戦、タイ戦のメンバーから変わらず、5人が変更となった。そのうち、初招集となった選手が1名いる。母国リーグブリスベン・ロアーで活躍し、今シーズンからKリーグの水原三星ブルーウィングスでプレーするディフェンダーのマシュー・ジョルマンだ。

その他ヨーロッパ勢のニキタ・ルカビツァ、クレイグ・グッドウィンアジズ・ベヒッチが復帰し、ウェスタンシドニー・ワンダラーズのジョシュ・リスドンが約1年ぶりに代表復帰を果たしている。

また、予備登録メンバーの中には前回負傷離脱していたキャプテンのジュディナクがメンバーに入っていたが、やはりコンディション面を考慮されてか23人の中には残っていない。他には横浜F・マリノスミロシュ・デゲネク、レバンテの守護神ミッチ・ランゲラクやブライトンの守護神マシュー・ライアン、メルボルン・シティのティム・ケーヒル、ハッダースフィールドのアーロン・ムーイ等順当に選出された。

そんなオーストラリア代表は、シリアとのプレーオフで10月5日にマレーシアのメラカで第一戦、10日にホームシドニーで第二戦を戦う。ホームアンドアウェーのトータルスコアで上回り、アジア5番手の資格を手にすることができれば、次は北中米カリブ海予選4位との大陸間プレーオフに挑む。ここで勝利すれば、はじめてワールドカップ本戦への切符を手にすることができる。今やワールドカップ常連国となったサッカルーズだが、果たしてロシアまでの長い道のりを勝ち進むことができるだろうか。

<オーストラリア代表メンバー>
GK
マシュー・ライアン(ブライトン)
ミッチ・ランゲラク(レバンテ)
ダニー・ヴコビッチ(ゲンク)

DF
ブラッド・スミス(ボーンマス)
トレント・セインズバリー(江蘇蘇寧)
アジズ・ベヒッチ(ブルサスポル)
ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス)
ベイリー・ライト(ブリストル・シティ)
ジョシュ・リスドン(ウェスタンシドニー・ワンダラーズ)
マシュー・ジョルマン(水原三星ブルーウィングス)

MF
アーロン・ムーイ(ハッダースフィールド)
マーク・ミリガン(メルボルン・ビクトリー)
マッシモ・ルオンゴ(QPR)
トム・ロギッチ(セルティック)
ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ)
クレイグ・グッドウィン(スパルタ・ロッテルダム)
ジェームズ・トロイージ(メルボルン・ビクトリー)
ムスタファ・アミニ(AGF)

FW
ロビー・クルーズ(ボーフム)
ティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)
トミ・ユリッチ(ルツェルン)
マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)
ニキタ・ルカビツァ(マッカビ・ハイファ)

他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑