【クロアチア対デンマーク】マッチプレビュー

中盤のクオリティは大会随一のクロアチア

モドリッチグループステージ全勝で難なく首位通過を決めたクロアチアと、最後はフランスとスコアレスドローを演じてグループ2位通過となったデンマークによる決勝トーナメント初戦。

互いにチームカラーが違うヨーロッパの実力国同士の楽しみな一戦だ。まずなんといっても今大会ダークホース筆頭なのがクロアチア。

もはやダークホースという言葉では足りない程の圧倒的な強さを誇って、グループステージを3戦全勝でいち早く勝ち抜いた。
とにかく中盤のクオリティが高い。ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)、イバン・ラキティッチ(バルセロナ)、マルセロ・ブロゾビッチ(インテル)とテクニカルに長ける選手が中央でゲームを支配する。

とくにモドリッチは手に負えない。献身的に守備でハードワークすると思いきや、ときには自ら正確無比な強烈なシュートでゴールマウスを射止めてくる。

さらには、DFBポカールのファイナルでブレイクしてメンバーに滑り込んだアンテ・レビッチ(フランクフルト)や、イバン・ペリシッチ(インテル)等アタッカー陣もゴールを決めるなどコンディションの良さを窺わせる。

エリクセンの決定力に期待がかかる

リオネル・メッシ(バルセロナ)擁するアルゼンチンも、3失点完敗で文字通り成す術がなかった。ここから、最前線のマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)が調子を上げてくるとすれば、いよいよ優勝が見えてくる。

そんなクロアチアの前に立ちはだかるのが、堅守デンマーク。デンマークとしてはボールを持たれる時間が長くなることが濃厚だが、かえって彼らの良さは出やすいし、相性的にもやり難い相手ではない。

カウンター一発でユフス・ポウルセン(ライプツィヒ)、クリスティアン・エリクセン(トッテナム)といった決定力のあるアタッカーに大仕事をしてもらいところ。

そんな注目の決勝トーナメント一回戦「クロアチア対デンマーク」は、日本時間2日3時キックオフ予定となっている。

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!
決勝トーナメント】【グループステージの結果】【優勝国予想のオッズ】【もっとW杯のオッズ

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑