ケイン、デフォー等選出のイングランド代表 デレ・アリも2年ぶり復帰

・イングランド代表メンバー発表
現地時間28日、イングランドサッカー協会はロシアワールドカップヨーロッパ予選2試合に挑むイングランド代表メンバー26名を発表した。

グループFで無敗首位を誇るイングランドは、次戦スロベニア代表に勝利すればロシアワールドカップへの出場が決定する。

そんな大一番を前に指揮官のガレス・サウスゲイトは、トッテナム・ホットスパーからハリー・ケイン、マンチェスター・シティからラヒーム・スターリング、マンチェスター・ユナイテッドからマーカス・ラッシュフォード、リバプールからジョーダン・ヘンダーソン等母国リーグをメインに主力を順当に招集した。

前回初招集となった日本代表の岡崎慎司の同僚であるレスター・シティのハリー・マグワイアも引き続きメンバー入り。尚、同じくレスターのジェイミ・ヴァーディーは負傷中のため選外。その他、トッテナム・ホットスパーからデレ・アリが約2年ぶりに代表復帰を果たしている。

なんといっても、相変わらず高い決定力を誇るハリー・ケインに大きな期待がかかる。先日のチャンピオンズリーググループステージでもハットトリックと大暴れし、同大会2試合終了時点で早くも5ゴールと得点ランク単独首位に立っている。

イングランド代表は、10月5日にスロベニアとホームで、8日にリトアニアとアウェーで対戦する予定だ。イングランドとしては、第一戦のスロベニア戦で勝利し気持ちよくロシア行きを決めて、アウェー戦のリトアニア戦を消化試合にしてしまいところだろう。

<イングランド代表メンバー>
GK
ジョーダン・ピックフォード(エバートン)
ジョー・ハート(ウェストハム)
ジャック・バトランド(ストーク・シティ)
フレイザー・フォースター(サウサンプトン)

DF
ギャリー・ケイヒル(チェルシー)
アーロン・クレスウェル(ウェストハム)
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
キーラン・トリッピアー(トッテナム)
ハリー・マグワイア(レスター・シティ)
カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
マイケル・キーン(エバートン)

MF
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
デレ・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
ジェイク・リバモア(WBA)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
アレックス・オックスレイド=チェンバレン(リバプール)
ファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)

FW
ハリー・ケイン(トッテナム)
ジャーメイン・デフォー(ボーンマス)
ダニエル・スタリッジ(リバプール)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑