コッパ・イタリア5回戦結果 次戦ミラノダービーも

・3部チームに大苦戦のインテル
現地時間12日から20日にかけて、コッパ・イタリア5回戦が行われ、ベスト8に進むチームが出揃った。

まず、日本代表不動のサイドバック長友佑都が所属するインテル・ミラノはポルデノーネ(3部)と対戦。
絶対的エースのアルゼンチン代表マウロ・イカルディやクロアチア代表のイバン・ペリシッチといった主力を温存して挑んだこの試合。リーグ戦でベンチが続く長友は先発出場。

インテルは3部リーグの相手によもやの大苦戦を強いられるが、延長120分でスコアレスになるもペナルティキック戦をなんとか制して準々決勝進出を決めた。
尚、長友はペナルティキックで最後のキッカーを担当し、しっかり成功させている。

その他、ユベントス、ナポリ、ローマ、ラツィオといったセリエA上位勢も登場。同じくセリエAのトリノに敗れたローマを除けば、皆ベスト8へと駒を進めた。

ユベントスはパウロ・ディバラとゴンサロ・イグアインのアルゼンチンコンビの得点によりジェノアを撃破。リーグ首位のナポリは、イタリア代表ロレンツォ・インシーニエの1点を守り切ってウディネーゼにウノゼロ勝利。

リーグ戦で低迷するミランは、ヴェローナ相手にアレッシオ・ロマニョーリ、パトリック・クトローネ等の得点で3発快勝をおさめ、相変わらずミッドウィーク開催の試合では安定の強さをみせている。

さて、ベスト8が激突する準々決勝は、12月26日、27日、1月2日、3日に行われる予定だ。準々決勝の対戦カードは既に決定しており、インテルVSミランによるミラノダービーが実現した。

ディフェンディングチャンピオンで大会3連覇中のユベントスは、ローマを下したトリノと激突する。その他の全対戦カードは以下の通り。

▼準々決勝の対戦予定
12月26日ラツィオvs フィオレンティーナ
12月27日インテルvs ミラン
1月2日ナポリvs アタランタ
1月3日ユヴェントス vs トリノ

コッパ・イタリア5回戦の対戦結果は以下の通り。
▼5回戦の試合結果
インテル0-0(PK 5-4)ポルデノーネ
フィオレンティーナ3-2サンプドリア
ラツィオ4-1チッタデッラ
ミラン3-0ヴェローナ
ナポリ1-0ウディネーゼ
アタランタ2-1サッスオーロ
ユヴェントス2-0ジェノア
ローマ1-2トリノ

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑