コバチッチがチェルシーに完全移籍!昨季は51試合に出場

EL優勝の立役者が完全移籍

コバチッチ現地時間1日、イングランド・プレミアリーグのチェルシーが、レアル・マドリードからレンタル中のクロアチア代表MFマテオ・コバチッチを正式に獲得したことを明らかにした。

今回、チェルシーと5年契約を結ぶことになったマテオ・コバチッチ。

レアル・マドリード在籍時には、クロアチア代表の同僚で、現バロンドーラーのルカ・モドリッチが「将来のバロンドール候補だ」と示唆したほどの逸材だ。

そんなコバチッチは、昨シーズンマウリツィオ・サッリの元で絶対的な地位を確立し、公式戦51試合に出場。
プレミアリーグではマンチェスター・シティ、リバプールに続く3位に入り、UEFAヨーロッパリーグ優勝にも大きく貢献した。

晴れてチェルシーの一員となったコバチッチは、移籍決定後このようにコメント。

「レンタルでチェルシーで過ごした昨シーズンは本当に楽しかった。僕はこのクラブ、ロンドン、プレミアリーグにいて本当に快適だ。完全移籍で加入することができて嬉しいよ。昨季はヨーロッパリーグで優勝できた。新シーズンでも大きな貢献ができるように頑張りたい。」

さらに進化した「ヌルヌルドリブル」

母国クロアチアリーグのディナモ・ザグレブ、イタリアのインテル・ミラノでのプレー経験も持つコバチッチは、2015年に鳴り物入りでレアル・マドリードに加入。

インテルがゴディンの獲得を発表!アトレティコからフリー移籍 

しかしながら、ルーカス・バスケス、ギャレス・ベイル、ハメス・ロドリゲス等そうそうたる面々とのポジション争いを強いられ、結果絶対的な地位を確立することはできなかった。

新天地を求めてプレミアリーグ名門のチェルシーに加入した後、出場機会が一気に増加するとともに、得意の「ヌルヌルドリブル」にさらに磨きがかかった。

チームメイトでありライバルだったベルギー代表FWエデン・アザールがレアル・マドリードへ移籍したことで、さらにコバチッチにかかる期待は大きなものとなるが、来シーズンのさらなる飛躍に注目が集まる。

ちなみに、今回の移籍でチェルシーはレアル・マドリードに対して4000万ポンド(約55億円)の移籍金を支払ったそうだ。

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑