コパ・アメリカのポット分けが決定!日本は第4ポット回避?

日本はパラグアイ等と共に第3ポットに

南米選手権現地時間18日、南米サッカー連盟(CONMEBOL)は今年6月からブラジルで行われるコパ・アメリカのグループステージ抽選におけるポット分けを発表した。

6月14日から7月7日にかけて開催される南米選手権。

現在アジアカップを戦っている森保ジャパンは、2022年ワールドカップ開催国のカタール代表とともに、同大会に「招待国枠」として参戦する。

日本がアジアカップGL3連勝で首位通過 

グループステージのポット分けは、例年同様シンプルに2018年12月20日に発表された最新のFIFAランキングの順番に振り分けられた。

その結果、FIFAランキング50位の日本は、ベネズエラ代表、パラグアイ代表とともに第3ポットに振り分けられた。

一部報道では、「招待国の日本は最下層のポット4に振り分けられるのでは?」ともいわれていたが、今回は57位のエクアドルを上回ったことで、ギリギリポット4は免れた格好だ。

そのポット4には、エクアドル代表、ボリビア代表、カタール代表が振り分けられている。

ちなみに、同じく招待国であるカタール代表と日本代表が同グループにはならないレギュレーションとなっているため、必然的に日本はエクアドル、ボリビアのどちらかと同組になる。

ポット1にはウルグアイ、ブラジル等

尚、ポット1にはネイマール(パリ・サンジェルマン)擁するブラジル代表、ルイス・スアレス(バルセロナ)要するウルグアイ代表、リオネル・メッシ(バルセロナ)擁するアルゼンチン代表が入った。

ポット2の顔ぶれは、ハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)要するコロンビア代表、前回大会覇者のチリ代表、ロシアワールドカップ組のペルー代表となった。

そんなコパ・アメリカのグループステージ抽選におけるポット分け一覧は以下の通り!

  • ポット1
    ブラジル(3位/ホスト国)
    ウルグアイ(7位)
    アルゼンチン(11位)
  • ポット2
    コロンビア(12位)
    チリ(13位)
    ペルー(20位)
  • ポット3
    ベネズエラ(31位)
    パラグアイ(32位)
    日本(50位)
  • ポット4
    エクアドル(57位)
    ボリビア(59位)
    カタール(93位)

BT10では、コパ・アメリカ開幕前に注目ゲームの最新オッズ、予想記事を随時更新します!

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑