【コロンビア対イングランド結果】イングランドが24年ぶり8強へ!

準決勝・予想とオッズ
クロアチアイングランドクロアチア
vs
イングランド

7月11日-3:00
サンクトペテルブルク

クロアチアに賭けたい クロアチア イングランドに賭けたい イングランド

ハリー・ケインが大会6ゴール目

ピックフォード現地時間3日、ロシアワールドカップ決勝トーナメント一回戦最後の試合が行われ、イングランドとコロンビアが対戦した

グループステージ首位通過のコロンビアは、事前の報道にもあった通り、エースのハメス・ロドリゲス(バイエルン)が欠場となった。
先発には、ラダメル・ファルカオ(モナコ)をはじめ、ファン・クアドラード(ユベントス)、ダビンソン・サンチェス(トッテナム)、ジェリー・ミナ(バルセロナ)等が入った。

ハリー・ケイン対するイングランドは、得点ランクトップのハリー・ケイン(トッテナム)をはじめ、ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)、デレ・アリ(トッテナム)、ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)、アシュリー・ヤング(マンチェスター・ユナイテッド)等が先発出場。

序盤から縦に早い攻撃でイングランドが攻勢に出る。15分には、サイドバックのトリッピアのセンタリングにハリー・ケインがヘディングシュートを放つも、これは惜しくもゴール上を越えていった。

コロンビアの方は、チームの心臓ハメス・ロドリゲスがいないことが原因なのか、思うように得点機を演出することができない。

前半はスコアレスのまま折り返すと、56分に均衡が破れた。ハリー・ケインがペナルティエリア内でカルロス・サンチェスに倒されて、イングランドにペナルティキックが与えられる。

これをキッカーのケインがど真ん中に決めて、イングランドが待望の先制点をマークした。

ジェリー・ミナしかし、イングランド勝利が目前となった後半アディショナルタイム3分に、コロンビアが試合を振り出しに戻す。
セットプレーのチャンスに、ジェリー・ミナが3試合連続となるヘディングシュートを叩き込んで土壇場で同点に追いついた。

その後激闘は延長戦でも決着がつかず試合の行方はペナルティキック戦へ…。
コロンビアは、ウリベ、バッカがPKを失敗。一方イングランドは最後のキッカー、エリック・ダイアーが冷静に成功。
結果、イングランドがPK戦の末コロンビアを破って2006年ドイツ大会以来のベスト8進出を決めた。

次の試合 ►
予想とオッズ
準々決勝

スウェーデンイングランドスウェーデン
vs
イングランド

7月7日・23:00
サマーラ

7月1日-3:00
ソチ
6月30日-23:00
カザン
7月2日-23:00
サマーラ
7月3日-3:00
ロストフ・ナ・ドヌ
ウルグアイ
ウルグアイ
2 フランス
フランス
4 2 ブラジル
ブラジル
3 ベルギー
ベルギー
ポルトガル ポルトガル 1 アルゼンチンアルゼンチン 3 0 メキシコ
メキシコ
2 日本
日本
7月6日-23:00 ニジニ・ノヴゴロド 7月7日-3:00
カザン
準々決勝 フランス
フランス
2 1 ブラジル
ブラジル
ウルグアイ
ウルグアイ
0 2 ベルギー
ベルギー
7月11日-3:00 サンクトペテルブルク
準決勝 フランス
フランス
1
ベルギー
ベルギー
0
3位決定戦
決勝
7月16日
フランス
フランス
4 1位 2 ベルギー
ベルギー
00:00
モスクワ
クロアチア
クロアチア
2 2位 0 イングランド
イングランド
7月14日 - 23:00 – サンクト・ペテルブルク
準決勝 クロアチア
クロアチア
2
イングランド
イングランド
1
モスクワ
7月12日 - 3:00
準々決勝 ロシア
ロシア
2(3)
PK戦
0 スウェーデン
スウェーデン
クロアチア
クロアチア
2(4*)
PK戦
2 イングランド
イングランド
ソチ
7月8日-3:00
サマーラ
7月7日-23:00
スペイン
スペイン
1(3)
PK戦
クロアチア
クロアチア
1(3*)
PK戦
1 スウェーデン
スウェーデン
1(3)
PK戦
コロンビア
コロンビア
ロシア
ロシア
1(4*)
PK戦
デンマーク
デンマーク
1(2)
PK戦
0 スイス
スイス
1(4*)
PK戦
イングランド
イングランド
モスクワ
7月1日-23:00
ニジニ・ノヴゴロド
7月2日-3:00
サンクトペテルブルク
7月3日-23:00
モスクワ
7月4日-3:00
これらの国々に賭ける

ワールドカップロゴワールドカップロゴ決勝トーナメント
決勝トーナメント
PDFダウンロード

フランス 4-2 クロアチア
【グループステージの結果】

他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑