【サウジアラビア対エジプト結果】サラーが2戦連発も…

サラーが個人技でゴールも…

サウジアラビア代表現地時間25日、ロシアワールドカップグループステージリーグA最終節が行われ、サウジアラビアとエジプトが対戦した

二連敗で既にグループステージ敗退が決定している両国による戦い。

サウジアラビアは、アル・ムワラド(レバンテ)、サレム・アル・ドサリ(ビジャレアル)のラ・リーが勢に加え、アブドッラー・オタイフ(アル・ヒラル)、守護神アル・モサイレム(アル・アハリ)等ベストメンバーが先発に名を連ねた。

対するエジプトも、絶対的エースのモハメド・サラー(リバプール)、モハメド・エルネニー(アーセナル)、アハメド・ヘガジー(ウェストブムウィッチ)等プレミア勢をはじめ、45歳の大会最年長ゴールキーパーのエル・ハダリ(タアウーン)等が先発出場。

先手を取ったのはエジプト。
21分、前節ペナルティキックからゴールを決めたモハメド・サラーが、ペナルティーエリア内で絶妙なボールコントロールからループシュート。これがサウジアラビアゴールに吸い込まれて、エジプトが先制に成功した。

それでもサウジアラビアは前半アディショナルタイムにペナルティキックを獲得する。一度はビデオアシスタントレフェリーのよって検証されたが、判定は覆らず。
このチャンスをサルマン・アル・ファラジが冷静に決めてサウジアラビアが試合を振り出しに戻した。

後半は追いついた側のサウジアラビアが圧倒的に攻め立てる展開となるが、最年長ゴールキーパーのエル・ハダリがビッグセーブでゴールを死守する。

それでも後半アディショナルタイムに、サウジアラビアはエル・ハダリの牙城を攻略した。

右サイド深くまで駆け上がっていたモハメド・アルブライクがクロスを上げると、これをアブドゥラー・オタイフがフリック。
最後はサレム・アルドーサリが右足を振りぬいてエジプトゴールに突き刺した。

結果、アウトサイダーと目されていたサウジアラビアが2-1でエジプトに逆転勝利。最後の最後に勝点3を獲得してアジア勢の意地を見せた。

ワールドカップロゴ決勝トーナメント

グループA

チーム
ウルグアイ
ウルグアイ
300+59
ロシア
ロシア
201+46
サウジアラビア
サウジアラビア
102-50
エジプト
エジプト
003-10

► ワールドカップ優勝予想 ◄

他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑