シュールレが今夏プレミアリーグ初挑戦?既にチームを離脱か

ICCの参加を拒否したアンドレ・シュールレ

アンドレ・シュールレボルシア・ドルトムントで香川真司と共闘する元ドイツ代表のアンドレ・シュールレが、今夏のマーケットで移籍する運びになりそうだ。
現地時間21日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』やドイツ紙『ビルト』等複数のメディアが報じてる。

現在インターナショナル・チャンピオンズ・カップ2018(ICC)のアメリカラウンドに参戦してるボルシア・ドルトムント。現地時間20日には、プレミアリーグ覇者のマンチェスター・シティと開幕戦を戦ったが、この試合にアンドレ・シュールレの姿はなかった。

試合後、ボルシア・ドルトムントは公式Twitterアカウントにて、この元ドイツ代表MFの欠場理由について公開。理由は、「他のクラブと交渉を進めるため」というものだった。

ドイツメディア『キッカー』によれば、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクスポーツディレクターは、「アンドレ・シュールレはほかのクラブと交渉を行うために、既にドルトムントを離れる許可をもらいにきている」と説明。

NEW!
2018/19 プレミアリーグ優勝予想とオッズ

クリスタル・パレスが最有力候補?

その移籍先候補として、プレミアリーグのクリスタル・パレスが挙がっているそうだ。
ドルトムントは、かねてからクリスタル・パレス所属のコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハを狙っていることもあり、シュールレ、ザハのトレードでドルトムントとクリスタル・パレスが手を打つのではないかと目されている。

シュールレは、マインツのユースからキャリアをスタートさせると2009年にトップチームでデビューを果たす。その後バイヤー・レバークーゼン、ヴォルフスブルクとブンデスリーガの名門クラブを渡り歩き、2016年夏にドルトムントに加入。

2シーズン在籍したものの、公式戦51試合8ゴールと結果は振るわなかった。
ブラジルワールドカップのドイツ代表優勝メンバーでもあるアンドレ・シュールレだが、27歳とキャリアの円熟期を迎えた今、はじめてドイツを出ることになるのだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑