【スウェーデン対イングランド】マッチプレビュー

大会屈指の堅守を誇るスウェーデン

ベリ決勝トーナメント初戦、強豪スイス相手に無失点で抑えウノゼロ勝利で勝ち上がったスウェーデンと、コロンビアとのペナルティキック戦にまで及ぶ死闘を制して24年ぶりに8強まで勝ち上がったイングランドによる準々決勝。

欧州屈指の強豪チーム同士の対決ということで、非常に見どころ多き試合だが、グループステージ、決勝トーナメント初戦の両者の戦いを見ると、非常に堅い試合内容になるのではないだろうか

スウェーデンは、ヨーロッパ予選でオランダ、イタリア、またワールドカップ本戦で韓国、メキシコスイスをシャットアウトした堅守が最大のストロングポイント。

キャプテンで守備の要であるアンドレアス・グランクビスト(クラスノダール)が統率する4バックは、いま世界中で最も堅い最終ラインと言って差し支えないだろう。

エミル・フォルスベリ少ないチャンスをものにして、あとは堅守で守り切るというイメージで試合に入り、スイス戦決勝ゴールを挙げたエースのエミル・フォルスベリ(ライプツィヒ)の一撃に託す。もしこれがはまれば、彼らは94年アメリカ大会以来のベスト4進出となる。

予想とオッズ

スウェーデン vs イングランド

得点ランクトップのケインは牙城を崩せるか

対するイングランドは、組織的なコロンビアのディフェンスに苦戦を強いられ、最終的にはペナルティキック戦まで強いられて疲労も蓄積。

ハリー・ケイングループステージでも見られた傾向だが、彼らはコロンビア戦で流れの中から決定機を演出することがほぼできなかった。
コロンビア以上に堅い守備を誇るスウェーデンを前に、得点ランキングトップのハリー・ケイン(トッテナム)や新進気鋭の若手ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)は大仕事をやってのけることができるだろうか…。

勝てば90年イタリア大会以来のベスト4入りだ。

そんな注目の準々決勝「スウェーデン対イングランド」の一戦は、日本時間7日23時キックオフ予定となっている。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑