【スウェーデン対スイス】マッチプレビュー

チームカラーが全く異なる欧州の実力国

エミル・フォルスベリ初戦、韓国を相手にペナルティキック1本で勝利し、続く第二戦ではドイツ相手にアディショナルタイムの被弾で敗戦。突破のかかる最終戦、メキシコ相手に3発快勝でグループステージ首位通過を果たしたスウェーデン。

スウェーデンスイススウェーデン
vs
スイス

一方、初戦ブラジル相手にドローを演じると、続くセルビア戦はアディショナルタイムの得点で勝利し、最終戦コスタリカと引き分けてグループ2位通過を果たしたスイス。

両者ともにグループリーグで優勝経験国相手に自力の強さを見せつけて、その力を証明した。

ヨーロッパの実力国同士の対戦だが、互いにストロングポイントが異なるため面白い試合が期待できる。

おそらく、スイスが長い時間ボールを保持して、スウェーデンが堅守で絶えしのぎあわよくばカウンターで一発を狙うといった展開になるだろう。

グループリーグのドイツ対メキシコ、ブラジル対コスタリカ、決勝トーナメント初戦のスペイン対ロシアのような「鉾盾対決」が見られるのではないだろうか。

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

ここまで不発のフォルスベリに期待がかかる

注目選手を挙げるとすれば、まずスイスはジェルダン・シャキリ(ストーク・シティ)。セルビア戦でも後半アディショナルタイムにドリブル突破から逆転弾を決めるなど、チームで一番勢いに乗っている。

大ベテランのステファン・リヒトシュタイナー(アーセナル)とリカルド・ロドリゲス(ミラン)によるサイドバックの攻め上がりにも注目だ。

スウェーデンは、守備のリーダーであるアンドレアス・グランクビスト(クラスノダール)に注目。今大会はペナルティキックから2本のゴールも決めており、メンタル的にも最高の状態で戦えている。

速攻カウンターのキープレイヤーであるエミル・フォルスベリ(ライプツィヒ)はここまで鳴りを潜めているが、この試合でアシスト、ないしはゴールで輝くことができるだろうか…。

そんな注目の決勝トーナメント初戦「スウェーデン対スイス」は、日本時間3日23時キックオフ予定となっている。

スウェーデン対スイス
スウェーデン vs スイス
7月3日・23:00(日本時間)
サンクトペテルブルク
ブックメーカーのオッズは…?
スウェーデン スウェーデンに賭けたい スイスに賭けたい スイス

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!
決勝トーナメント】【グループステージの結果】【優勝国予想のオッズ】【もっとW杯のオッズ

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑