ダニエル太郎が元王者ジョコビッチをフルセットの末撃破!

今大会最大のアップセットを演じたダニエル

ダニエル太郎現地時間11日、男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)のシングルス2回戦が開催れ、ATP世界ランク106位のダニエル太郎が元ATP世界ランク1位のノバク・ジョコビッチを退けるという大番狂わせを演じた。

今季は勝利運にことごとく見放されていたダニエル太郎。
予選で敗退し本戦に出場できなかったり、出場できても初戦で敗退する等不甲斐ない結果に終始していた。国別対抗戦、デビスカップ ワールドグループ1回戦のイタリア戦(日本/ 岩手、室内ハード)でも、フォニーニに敗れる等なかなか1勝をもぎ取ることができなかった。

しかしながら、今回四大大会通算12勝という圧倒的な実績を誇るノバク・ジョコビッチ相手に、7-6 (7-3), 4-6, 6-1で勝利をもぎ取った。

ラリー戦で主導権を握ったダニエル太郎は、最終セットでは2度にわたってジョコビッチのブレークチャンスを耐え、2時間半に及ぶ激戦を制した。

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

本人も驚きを隠しきれず

そんな金星を挙げたダニエル太郎の試合後のコメントを、ATPの公式サイトが掲載している。

「とてもびっくりしているよ。朝、ウォーミングアップしていたとき、センターコートがいつもより大きく感じた。本心は、とても緊張していたんだ。明らかにジョコビッチのコンディションはベストとは程遠いものだったけど、それをアドバンテージにして勝利することができた。第二セットを落としたとしても、最終セットで何かを起こしてやろうという気持ちは持っていた。そして諦めずに戦い抜いた。それは自分自身とても誇りに思うよ。」

加えてダニエル太郎は、「最初のセットでブレークバックした際、ジョコビッチのプレーがあまりよくないと感じた。そこで今日は勝てるなと確信した。もしこのままこのプレーを維持できれば勝てるなと。忍耐強くプレーを続け、冷静でいられたことが勝因だと思う。最後のセットでは落ち着いて自分のプレーを取り戻せた」と勝因を自己分析した。

「ATPマスターズ1000」のコンペティションでの初の16強進出に向けて、3回戦へ挑むダニエル太郎。次はアルゼンチンのL・メイヤーと激突だ。
ATPランキング47位とダニエル太郎にとっては格上の相手との対戦が続くが、もう一度アップセットを起こすことができるだろうか。

他の記事を読む

Tags:


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑