ドルト香川とシュツット浅野が激突!気になるスタメン予想

・香川、浅野は先発予想?
インターナショナルマッチウィークが終了し、今週末からまたヨーロッパ各国のリーグ戦が再開する。
現地時間17日には、日本代表から落選しチーム練習に帯同していた香川真司(ボルシア・ドルトムント)と、日本代表に帯同し、ブラジル戦、ベルギー戦で出場した浅野拓磨(シュツットガルト)による日本人対決が行われる。

インターナショナルマッチウィークに入る直前の首位バイエルン・ミュンヘン戦で敗れて痛い黒星を喫し、ライプツィヒにまでかわされて3位に転落したドルトムントだが、シュツットガルト戦の先発メンバーはどのようになるのだろうか。

ドイツ大手サッカー専門誌「キッカー」は、試合に先駆けて予想先発メンバーを公開している。

この予想では、ゴールキーパーにロマン・ビュルキ、センターバックにギリシャ代表としてワールドカップ予選プレーオフを戦ったソクラティス・パパスタソプーロス、マルク・バルトラが入り、サイドバックにはラファエル・ゲレイロ、ダン=アクセル・ザガドゥが入ると予想。

そしてボランチにユリアン・バイグル、セントラルにマリオ・ゲッツェ、そしてトップ下に香川真司、右ウィングにクリスチャン・プリシッチ、左ウイングにマクシミリアン・フィリップ、センターフォワードにアンドリュー・ヤルモレンコが入ると予想している。

・CFはオバメヤンの代わりにヤルモレンコ
尚、エースストライカーでガボン代表のピエール=エメリク・オーバメヤンは、チームの規律違反によりメンバー外になることがすでに発表されている。

そのため、本来右ウィングに入るウクライナ代表のヤルモレンコが最前線にシフトし、左ウイングを主戦場とするアメリカ代表のプリシッチが左へまわり、右はフィリップが務めることが予想される。

ヤルモレンコはサイズもあり、一定のスピード、ドリブル能力、得点力もあるためセンターフォワードでのプレーも問題ないだろう。

代表戦を戦っていないため、コンディションが良好であろう香川は先発予想。シュツットガルトの浅野も右ウィングで先発予想に入っているようだ。

代表招集を巡って明暗が分かれた両者だが、クラブの直接対決ではどちらに軍配が上がるだろうか。スピードスター浅野は強豪相手からの今季初ゴールはなるだろうか。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑