ナポリ、ユベントスともに8連勝 勝点1差の熾烈なデッドヒートは続く

今節もナポリ、ユベントス互いに譲らず…

ナポリ現地時間9日から11日にかけてセリエA第24節が開催された。

ここまでわずか1敗で首位をひた走るナポリは、ホームに難敵ラツィオを迎えた。相手は現在得点ランキングトップのイタリア代表チロ・インモービレが先発する中、立ち上がりにステファン・デ・フライに失点を許しいきなりビハインドスタート。

しかしながら、ホセ・カジェホンのゴールで前半のうちに追いついたナポリは、その後オウンゴール、マリオ・ルイ、ベルギー代表ドリス・メルテンスの得点により、4-1で逆転勝利を収めた。相変わらず首位を堅持している。

そのナポリを勝ち点1差で追い続けるディフェンディングチャンピオンのユベントスは、敵地でこちらも難敵フィオレンティーナと激突。
55分に、ついこの間までフィオレンティーナの中心選手だったイタリア代表のフェデリコ・ベルナルデスキが直接フリーキックを決めて、ユベントスが先制に成功する。

終盤にはエースストライカーでアルゼンチン代表のゴンサーロ・イグアインが追加点をマークし、結果2-0で勝利を収めた。依然勝ち点1差で首位ナポリを猛追する。

ナポリ、ユベントスともにリーグ8連勝を達成し、3位以降のインテル、ASローマといったチームに勝点差を15近く引き離していることから、イタリアのスクデットはこの両者の争いに絞られたと言って差し支えないだろう。

今冬最古参の日本代表サイドバック長友佑都をガラタサライへレンタル放出した3位のインテルは、本拠地スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァでボローニャと対戦。

イタリア代表エデルの得点で先制したインテルだったが、相手エースの元アルゼンチン代表で元インテルのロドリゴ・パラシオに古巣弾を決められる。しかし、後半に19歳のフランス人アタッカーヤン・カラモーの強烈ミドルが決まって、辛くも2-1で勝利を収めた。

【セリエA第24節試合結果】

SPAL 0-4 ミラン
ナポリ 4-1 ラツィオ
トリノ 2-0 ウディネーゼ
クロトーネ 1-1 アタランタ
サッスオーロ 0-0 カリアリ
サンプドリア 2-0 ヴェローナ
インテル 2-1 ボローニャ
キエーヴォ 0-1 ジェノア
フィオレンティーナ 0-2 ユヴェントス
ローマ 5-2 ベネヴェント

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑