バルセロナがセビージャ相手にやりたい放題!【国王杯決勝戦結果】

バルセロナ対セビージャ
5 – 0

役者そろい踏みで圧倒的な強さ示したバルサ

バルサ 国王杯現地時間21日、コッパ・デル・レイ(国王杯)決勝戦セビージャ対バルセロナがエル・ワンダ・メトロポリターノで行われた。

クラブ史上初となる4連覇、ラ・リーガ・サンタンデールとの国内二冠を目指すバルセロナは、アルゼンチン代表リオネル・メッシを筆頭に、ウルグアイ代表ルイス・スアレス、スペイン代表アンドレス・イニエスタ、ブラジル代表フィリペ・コウチーニョ、クロアチア代表イバン・ラキティッチ等ベストメンバーが先発に名を連ねた。

2シーズン前の決勝のリベンジを果たしたいセビージャも、ラ・リーガのチームトップスコアラーであるコロンビア代表ルイス・ムリエルをはじめ、イタリア代表フランコ・バスケス、パブロ・サラビア、ホアキン・コレア、アルゼンチン代表エベル・バネガ等豪華メンバーが登場。

試合は終始バルセロナが圧倒的な力を見せつける格好となる。
まずは前半13分、守護神ヤスパー・シレッセンのロングフィードで裏のスペースをとったフィリペ・コウチーニョが、相手ディフェンスを引きつけてルイス・スアレスへラストパス。
これをスアレスが冷静に沈めて幸先よく先制に成功。

ここからバルセロナの怒涛のゴールラッシュがはじまる。
30分、ジョルディ・アルバのラストパスを受けたリオネル・メッシが追加点をマークすると、39分には今度はメッシのアシストからスアレスが決めて前半だけで3-0とする。

完全にゲームプランが崩壊したセビージャは、後半に入ってもなすすべがない。
勢いが増すばかりのバルセロナは、51分にはメッシとのワンツーで抜け出したアンドレス・イニエスタが4点目をマークすると、69分にはコウチーニョがトドメとなるペナルティキックを沈めて試合を決定づけた。

この後セビージャの反撃を許さなかったバルセロナが、そのまま5-0で圧勝。
通算30回目、4シーズン連続でのコッパ・デル・レイ制覇を達成した。
ラ・リーガ・サンタンデールもほとんど手中に収めているバルサは、これで国内二冠獲得濃厚となった。

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑