バロンドール候補者30名が決定!【最新オッズをチェック】

バロンドールの最終候補者30名が決定

リオネル・メッシ現地時間21日、フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は2019年のバロンドール候補者30名を発表した。

フットボーラーにとって、最大の名誉に値する同賞。前回は、ロシアワールドカップでクロアチア代表を準優勝へと導いたルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)が受賞した。

昨年度のバロンドール結果

さて、今回は、プレミアリーグMVPのバジル・ファン・ダイク(リヴァプール)とリオネル・メッシ(バルセロナ)の2人が最有力候補に挙げられているが、果たして世界最強のフットボーラーの称号を手にするのは誰になるだろうか…?

上記2名のほか、クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)、サディオ・マネ、モハメド・サラー(ともにリヴァプール)、アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)といった有力候補が順当に選出。

一方で、前年度受賞者のルカ・モドリッチはまさかの選外。そのほかネイマール(パリ・サンジェルマン)も今回はノミネートから漏れた。

ノミネート者30名一覧と最新オッズ

そんな2019年のバロンドール候補者30名は以下の通り!

サディオ・マネ(セネガル/リバプール)
セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
フレンキー・デ・ヨング(オランダ/バルセロナ)
ウーゴ・ロリス(フランス/トッテナム)
ドゥサン・タディッチ(セルビア/アヤックス)
キリアン・ムバッペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
トレント・アレクサンダー=アーノルド(イングランド/リバプール)
ドニー・ファン・デ・ベーク(オランダ/アヤックス)
ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/アーセナル)
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(ドイツ/バルセロナ)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス)
アリソン(ブラジル/リバプール)
マタイス・デリフト(オランダ/ユベントス)
カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリー)
ジョルジニオ・ワイナルドゥム(オランダ/リバプール)
フィルジル・ファン・ダイク(オランダ/リバプール)
ベルナルド・シウバ(ポルトガル/マンチェスター・シティ)
ソン・フンミン(韓国/トッテナム)
ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド/バイエルン・ミュンヘン)
ロベルト・フィルミーノ(ブラジル/リバプール)
リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ)
ケビン・デ・ブルイネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ)
アントワーヌ・グリーズマン(フランス/バルセロナ)
モハメド・サラー(エジプト/リバプール)
エデン・アザール(ベルギー/レアル・マドリー)
マルキーニョス(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
ラヒーム・スターリング(イングランド/マンチェスター・シティ)
ジョアン・フェリックス(ポルトガル/アトレティコ・マドリー)

大手ブックメーカーサイト「ウィリアムヒル」の上位10名の最新オッズは以下の通りとなっている。

ベッティングトップ10では、2019バロンドールの予想、最新オッズ記事を随時更新します。

バロンドール

今すぐ登録


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑