パストーレが退団報道を一蹴!PSGで残り1年半の契約を全う?

・パストーレがPSG退団を否定
フランスリーグアン、パリ・サンジェルマンでプレーするアルゼンチン代表ハビエル・パストーレは、かねてから移籍の話が絶えない選手の一人だが、噂されているアトレティコ・マドリード、インテル行きの可能性を否定した。

今夏、バルセロナから移籍金史上最高額でブラジル代表ネイマールを獲得すると、移籍マーケット終了直前にはライバルチームであるモナコからフランス代表キリアン・ムバッペを獲得する等、大型補強を敢行したパリ・サンジェルマン。

そんな中、そうしたスーパースターの加入によって、このアルゼンチン人MFは出場機会を激減させている。

もう28歳と若くないハビエル・パストーレは、フランスを離れてリーガ・エスパニョーラのアトレティコ・マドリードや、セリエAのインテルへ移籍すると頻繁に報じられてきたが、パルトーレ本人が『ムンド・デポルティーボ』でこれらの一切の報道を否定した。

「僕が既にチームメイトにさよならを告げたと言っているが、それはすべて真実ではない。僕はいつだってこのクラブでプレーすることを考えているし、そのために毎日ベストを尽くしている。」

・PSGで残り1年半の契約を全う?
加えてパストーレは、「それに、僕とパリ・サンジェルマンの間にはまだ契約が1年半も残っている。こうした状況で僕は慌ててなんかいない。もっと試合に出場したいと考えていることは事実だが、指揮官の決定を尊重しているよ。」

「このままパリ・サンジェルマンで出場機会を得るために邁進すればいつかチャンスは訪れると信じている」とコメント。
退団報道を否定しただけでなく、パリ・サンジェルマンに対しての思い入れの強さもうかがえる。

ハビエル・パストーレは、アトレティコ・マドリード、インテルの他に、プレミアリーグのいくつかのクラブからも声がかかっているようだ。
また、OBである元フランス代表エリック・カントナがマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を薦めるなど、去就に関する報道が絶えなかった。

しかしながら、今回のこのパストーレのコメントを見る限り、彼の意志は相当堅いように思える。少なくとも今冬のパリ・サンジェルマン退団は可能性が低いといってよさそうだ。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑