フィギュア団体戦 日本はまたしても5位でメダル逃す

ソチ五輪同様5位に終わったフィギュア団体日本代表

フィギュアスケート団体12日、平昌オリンピックは大会4日目を迎え、江陵アイスアリーナにてフィギュアスケート団体の全種目が終了した。

最終種目となった団体アイスダンス・フリーには、クリス・リード、村元哉中が出場したが、87・88点で最下位の5位フィニッシュとなり、総合ポイントでも決勝進出5ヶ国中5位に終わった。前回のソチオリンピック連続で上位5ヶ国に入った日本だったが、悲願のメダル獲得はまたしてもお預けとなった。

団体アイスダンス・フリーの1位に輝いたのは、カナダのテッサ・バーチュー、スコット・モイヤーペア。2位にはアメリカのマイア・シブタニ、アレックス・シブタニペア、3位にはロシアからの個人五輪枠(OAR)のエカテリーナ・ポプロワ、ドミトリー・ソロビヨフペアが入った。

総合順位は、カナダが73ポイントで金メダル。個人資格のロシアが66ポイントで銀メダル、アメリカが62ポイントで銅メダル、イタリアが56ポイントで4位、そして日本が50ポイントで5位となった。

尚、団体戦男女フリープログラムの結果は以下の通りとなっている。田中刑事、坂本花織は何れもミスが目立ち、最下位となった。個人戦での巻き返しに期待したい。

【男子フリープログラム結果】
1位-パトリック・チャン-カナダ-179.75ポイント
2位-ミハイル・コリヤダ-個人資格(ロシア)-173.57ポイント
3位-アダム・リッポン-米国-172.98ポイント
4位-マッテオ・リッツォ-イタリア-156.11ポイント
5位-田中刑事-日本-148.36ポイント

【女子フリープログラム結果】
1位-アリーナ・ザギトワ-個人資格(ロシア)-158.08ポイント
2位-長洲未来-米国-137.53ポイント
3位-ガブリエル・デールマン-カナダ-137.14ポイント
4位-カロリーナ・コストナー-イタリア-134.00ポイント
5位-坂本花織-日本-131.91ポイント

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑