【フランス対ペルー結果】ジルー、ゲレーロと両エースが先発復帰!

フランス、後がないペルーに苦戦も…

ムバッペ現地時間21日、ロシアワールドカップグループステージリーグC第二節が行われ、フランスとペルーが対戦した

オーストラリアとの初戦、苦戦を強いられながらも1-0でなんとか勝利したレ・ブルー。
今日はウスマン・デンベレ(バルセロナ)をベンチに置き、オリヴィエ・ジルー(チェルシー)をワントップに配置。
トップ下にアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)、さらには右サイドにキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)と豪華メンバーが揃った。

初戦デンマークに敗れて後がないペルーは、絶対的エースのパオロ・ゲレーロ(フラメンゴ)がスタメンに復帰。その他、サンパウロで10番を背負うクリスティアン・クエバ、エディンソン・フローレス(オールボー)等が先発出場。

試合立ち上がりから、是が非でも勝ち点1以上が必要なペルーがアグレッシブにフランスを攻め立てる。
しかし時間が進むにつれ、正確無比なパスでボールポゼッションを高めるフランスが、少しずつペルー陣内に入ってくる。

すると33分、攻勢だったフランスが最初にスコアを動かした。敵陣内でボールを奪取したポール・ポグバが素早くスルーパス。これに反応したジルーがペナルティエリア内でシュート。

これはペルーディフェンスに阻まれたが、ディフレクトしたボールがペルーGKの頭上を越えて、詰めていたムバッペの元へ…。フリーのムバッペは無人のゴールへ難なくボールを流し込み、フランスが先制。

いよいよ窮地に追い込まれたペルー指揮官ガレカ。後半頭から、ジェフェルソン・ファルファン等2枚のアタッカーを同時投入し反撃を試みる。

後半、ペルーは数多くのシュートを放ちフランスを脅かしたが、枠内を射止める精度の高いシュートを放つことはできず…。

試合はこのままフランスがムバッペのゴールを死守し、ペルーを1点差で退けた。

36年ぶりの大舞台だったペルーだが、無情にも最終節を残してグループステージ敗退が決定。勝利したフランスは、最終節デンマーク戦を残して危なげなく決勝トーナメント進出を決めた。

グループC

チーム
フランス
フランス
210+27
デンマーク
デンマーク
120+15
ペルー
ペルー
10203
オーストラリア
オーストラリア
012-31

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!

他の記事を読む

Tags: ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑