ブンデスリーガ前半戦終了【現在の状況をおさらい!】

ドルトとバイエルンの勝点差は「6」

ドルトムント現地時間22日~23日にかけて、ドイツ・ブンデスリーガ第17節が行われて、シーズンの前半戦が終了した。

前節、宇佐美貴史所属のデュッセルドルフ相手にシーズン初黒星を喫したボルシア・ドルトムント。

今節は、ホームでボルシア・メンヒェングラートバッハとの天王山兼、ボルシアダービーという超ビッグマッチで勝利を収めて、前半戦を「13勝3分け1敗」とした。

これにより、ボルシア・メンヒェングラートバッハは3位に転落し、代わってフランク・リベリーの2ゴールでアイントラハト・フランクフルトを下したバイエルン・ミュンヘンが2位に上がった。

ドルトムントとバイエルンの勝点差は「6」。一時は二桁以上差が開いていた両者だが、終盤は絶対的王者バイエルンの巻き返しもあって、2試合分に相当する差まで詰まった。

4位には、今節ティモ・ヴェルナーらの得点でブレーメンを下したRBライプツィヒ、5位にはヤニック・ゲルハルトらの得点でアウクスブルクを下したヴォルフスブルクがランクインしている。

得点ランキングに目を向けてみると、ドルトムントのパコ・アルカセルと、アイントラハト・フランクフルトのルカ・ヨビッチが12ゴールで並んで首位という状況だ。

日本人選手の大迫勇也、浅野琢磨、原口元気、宇佐美貴史、久保裕也、香川真司といった選手は軒並み大きな結果を残すことができていないが、後半戦以降の巻き返しはあるか…。

さて、ブンデスリーガはいったんウィンターブレイクに突入し、選手たちは4週間休暇を取ることとなる。

次節は1月18日から20日にかけて行われる予定だ。

第18節の対戦カード、オッズをチェック!

そんなブンデスリーガ第18節の全試合日程、予想オッズは以下の通り!

2位バイエルン・ミュンヘンはホッフェンハイムと、首位ボルシア・ドルトムントは4位ライプツィヒとの大一番に挑む。

ベッティングトップ10では、毎週世界各国の注目ゲームをピックアップしてオッズ記事を更新します!

オッズ

今すぐ登録

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑