プロ野球12球団合同トライアウト開催

11月15日にプロ野球の12球団合同トライアウトが行われました。
トライアウトには投手26人と野手25人の合計51人が参加しました。

プロ野球12球団合同トライアウト開催

このトライアウトには日本のプロ野球のスカウト以外にも国内の独立リーグや社会人チーム、クラブチームにアメリカのメジャーリーグのスカウト人が足を運んでいたそうです。

今回の合同トライアウトの目玉は国指定の難病から復帰したソフトバンクの大隣憲司投手でした。
難病から復帰というだけですごい!と思われる人も多いと思いますが大隣選手は実力を備えた投手で、合同トライアウトでも4人のバッターに対しヒット1本は打たれたものの残りの3人はぴしゃっと抑えました。

大隣憲司

まだまだ現役でいける感覚があるとスカウト人の目も輝いていたということです。

大隣選手の他にも多数プロ野球ではなくてもまだまだ現役でプレイ出来るであろう選手がたくさんいたそうです。

Tags: ,


About the Author

はベッティングトップ10の編集者の一人です。長年のフリーランスウェブマスターとしての経験の後ベッティングトップ10の新しい部署を担当するために雇われることになりました。Benjyは歴史と地理の学士号を持っているものの一番の情熱はウェブサイトの構築とサッカー観戦にあるそうです。



Comments are closed.


Back to Top ↑