【ベルギー対チュニジア結果】ルカク、アザールが大暴れ!

ルカクが2試合連続2ゴール!

ロメル・ルカク現地時間23日、ロシアワールドカップグループステージリーグG第二節が行われ、ベルギーとチュニジアが激突した

初戦パナマ相手に3-0で大勝したレッドデビルズ。
今日もエースのロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)をはじめ、ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ、エデン・アザール(チェルシー)、ドリス・メルテンス(ナポリ)等豪華メンバーが先発に登場。

得点王予想オッズ

対して初戦イングランド相手に1-2で敗れたチュニジアは、キャプテンでエースのワフビ・ハズリ(レンヌ)、フィルジャニ・サッシ(アルナスル)、ヨアン・ベナルアン(レスター・シティ)等が先発出場した。

勝てば決勝トーナメント進出をほとんど手中に収めるベルギーは、試合序盤から猛威を振るう。
まず4分、エデン・アザールが自ら得たペナルティキックを冷静に沈めて、早速先制点を奪った。

さらに15分には、メルテンスからのラストパスに反応したルカクが二試合連続となるゴールを決めて、あっという間に2-0とする。

防戦一方だったチュニジアだが、その僅か2分後に反撃ののろしを上げる。ハズリからのフリーキックにブロンがヘディングで合わせて一点差に詰め寄った。

しかし、前半終了直前にはまたしてもベルギーのエースルカクがキーパーとの一対一を制して追加点。
ルカクはこれで二試合連続二得点達成。得点ランキングでもクリスティアーノ・ロナウドに並んでトップに躍り出た。

後半に入っても手を緩めることはなかったベルギー。
立ち上がりにアザール、アディショナルタイムに途中出場のミシー・バチュアイがダメ押し点を決めて一挙5得点。

ラストワンプレーでハズリが意地の一発を決めたチュニジアだが、結果ベルギー相手に2-5で敗戦を喫した。
勝利したベルギーは、決勝トーナメント進出に王手。敗れたチュニジアは、グループステージ敗退が決定した。

グループG

チーム
ベルギー
ベルギー
300+79
イングランド
イングランド
201+56
チュニジア
チュニジア
102-33
パナマ
パナマ
003-90

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑