【ベルギー対日本結果】原口、乾ゴールも逆転許した西野ジャパン

準決勝・予想とオッズ
フランスベルギーフランス
vs
ベルギー

7月11日-3:00
サンクトペテルブルク

フランスに賭けたい フランス ベルギーに賭けたい ベルギー

「8強」に手をかけた日本だったが…

ベルギー対日本現地時間2日、ロシアワールドカップ決勝トーナメント一回戦が行われ、ベルギーと日本が激突した

ロメル・ルカク日本は、コロンビア戦、セネガル戦と全く同じ11人を先発に起用。大迫勇也(ブレーメン)、香川真司(ドルトムント)、原口元気(デュッセルドルフ)、乾貴士(レアル・べティス)、柴崎岳(ヘタフェ)等がスタメンに入った。

対するベルギーは、エースのロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)をはじめ、ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、エデン・アザール(チェルシー)、ドリス・メルテンス(ナポリ)、バンサン・コンパニー(マンチェスター・シティ)等が先発に名を連ねた。

立ち上がりこそ積極的に試合に入れた日本だが、次第にベルギーに圧力をかけられる時間が長くなる。しかし、最後の砦川島永嗣のファインセーブなどでなんとか前半をスコアレスの状態で折り返した。

柴崎岳後半、最高のスタートを切ったのは日本だった。
48分柴崎の絶妙なスルーパスから原口が抜けだして、最後はタイミングをずらし正確にシュート。これがベルギーゴール左隅に吸い込まれて、日本が先制ゴールを奪取した。

さらにその5分後、乾の目を見張る無回転シュートが炸裂し、なんと日本が2-0とリードを拡大する。

0-2は最も危険なスコア」とはよく言われるが、ここからベルギーの怒涛の反撃に曝される日本…。

まずは68分、ヤン・フェルトンゲンのクロス性のヘディングが不運な形で決まり一点差に詰め寄られる。
さらにその5分後には、交代出場のアルマン・フェライニにヘディングシュートを叩き込まれて同点に追いつかれる。

さらには後半アディショナルタイムのラストワンプレー。コーナーキックからのカウンターを喰らい、最後はナセル・シャドリに得点を許して大逆転負けを喫してしまった西野ジャパン。

ジョットコースターのような試合だったが、日本がこれまでで最もベスト8に近づいた瞬間だった…。

尚、勝利したベルギーは、現地時間6日にブラジルと準々決勝を戦う

ベルギーに敗戦も 各国メディアが日本の健闘を称賛英紙「ベルギーの欠陥を突いた日本
辛口採点でお馴染み伊メディアが乾を名指しで称賛

決勝トーナメント表

7月1日-3:00
ソチ
6月30日-23:00
カザン
7月2日-23:00
サマーラ
7月3日-3:00
ロストフ・ナ・ドヌ
ウルグアイ
ウルグアイ
2 フランス
フランス
4 2 ブラジル
ブラジル
3 ベルギー
ベルギー
ポルトガル ポルトガル 1 アルゼンチンアルゼンチン 3 0 メキシコ
メキシコ
2 日本
日本
7月6日-23:00 ニジニ・ノヴゴロド 7月7日-3:00
カザン
準々決勝 フランス
フランス
2 1 ブラジル
ブラジル
ウルグアイ
ウルグアイ
0 2 ベルギー
ベルギー
7月11日-3:00 サンクトペテルブルク
準決勝 フランス
フランス
1
ベルギー
ベルギー
0
3位決定戦
決勝
7月16日
フランス
フランス
4 1位 2 ベルギー
ベルギー
00:00
モスクワ
クロアチア
クロアチア
2 2位 0 イングランド
イングランド
7月14日 - 23:00 – サンクト・ペテルブルク
準決勝 クロアチア
クロアチア
2
イングランド
イングランド
1
モスクワ
7月12日 - 3:00
準々決勝 ロシア
ロシア
2(3)
PK戦
0 スウェーデン
スウェーデン
クロアチア
クロアチア
2(4*)
PK戦
2 イングランド
イングランド
ソチ
7月8日-3:00
サマーラ
7月7日-23:00
スペイン
スペイン
1(3)
PK戦
クロアチア
クロアチア
1(3*)
PK戦
1 スウェーデン
スウェーデン
1(3)
PK戦
コロンビア
コロンビア
ロシア
ロシア
1(4*)
PK戦
デンマーク
デンマーク
1(2)
PK戦
0 スイス
スイス
1(4*)
PK戦
イングランド
イングランド
モスクワ
7月1日-23:00
ニジニ・ノヴゴロド
7月2日-3:00
サンクトペテルブルク
7月3日-23:00
モスクワ
7月4日-3:00
これらの国々に賭ける

ワールドカップロゴワールドカップロゴ決勝トーナメント
決勝トーナメント
PDFダウンロード

フランス 4-2 クロアチア
【グループステージの結果】

他の記事を読む

Tags: , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑