ポルトガルが「欧州王者」から「世界王者」になるために重要な初戦

「前欧州王者」対「現欧州王者」

クリスティアーノ・ロナウド

二年前に行われたヨーロッパ選手権。ポルトガルは、グループステージを「3引き分け」でかろうじて突破した後、準々決勝ではペナルティキック戦を制し、決勝ではホスト国のフランスを延長戦の末破って優勝した。

接戦の連続を勝ち抜いて栄冠を手にした彼らだが、ロシアワールドカップへは「欧州王者」の肩書を引っ提げて参戦する。

奇しくも、初戦で対峙するスペイン代表は前回ブラジル大会時に「欧州王者」として大会に挑んだ。しかしながら、初戦で難敵オランダ相手に5発浴びて大敗すると、その後チームを立て直すことができずグループステージ敗退に追い込まれた。

今回ヨーロッパ覇者としてよりライバル国から警戒されるポルトガルは、前回大会のスペインの二の舞には決してなりたくないはずだ。

しかしながら、それは無敵艦隊スペインにだって同じことがいえる。キャプテンマークを巻くセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)をはじめ、アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)、ジェラール・ピケ(バルセロナ)等前回大会経験者は、初戦の重要性をこれでもかというくらい理解しているに違いない。

一般的に、レアル・マドリードでエースを務めるクリスティアーノ・ロナウドと同クラブの不動のセンターバックであるセルヒオ・ラモスのマッチアップ等が注目ポイントに取り上げられがちだが、そうした両者の心理面を考えても見どころ多き一戦となる。

ポルトガルは若手とベテランの融合がカギ握る?

どちらかというとチャレンジャーとなるフェルナンド・サントス率いるポルトガルが、「欧州王者」から「世界王者」になるためには、ロナウドはもちろん、ジョアン・モウチーニョ(モナコ)、ペペ(ベジュクタシュ)等実績豊富なベテラン勢の奮起が不可欠となる。

ロナウド以外にも、大きな得点源となっているアンドレ・シウバ(ミラン)に、中盤から局面を打開できるジョアン・マリオ(インテル・ミラノ)、さらには今季プレミアリーグでブレイクしたウィングのベルナルド・シルバ(マンチェスター・シティ)等成長著しいタレント等のブレイクにも期待がかかる。

そんなグループステージ再注目マッチのグループB初戦「ポルトガル対スペイン」は、日本時間16日3時キックオフ予定だ。

チーム
スペイン
スペイン
120+15
ポルトガル
ポルトガル
120+15
イラン
イラン
11104
モロッコ
モロッコ
012-20

ポルトガル対スペイン
ポルトガル vs スペイン
2018年6月16日・3:00(日本時間)
ソチ
グループB
ポルトガル ポルトガルにベット スペイン スペインにベット
► ブックメーカーのオッズは…?
williamhill-toplogo
4.00 ポルトガル3.25 引き分け1.91 スペイン

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑