【ポーランド対セネガル結果】組織力で圧倒したセネガルが番狂わせ

グループHは波乱の展開に…

セネガル代表現地時間19日、ロシアワールドカップグループステージリーグH第一節が行われ、ポーランドとセネガルが対戦した。

ポーランドは、ブンデスリーガ得点王のロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)をはじめ、アルカディウシュ・ミリク、ピオトル・ジエリンスキ(共にナポリ)、ウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント)等豪華メンバーが先発に登場。

対するセネガルも、チャンピオンズリーグ決勝でゴールを挙げたサディオ・マネ(リバプール)をはじめ、ムベイェ・ニアン(トリノ)、イスマイラ・サール(レンヌ)、イドリッサ・ゲイェ(エバートン)等欧州で活躍する選手を揃えた。

日本がコロンビアを破る番狂わせを起こしたグループH。第二試合も、意外な形で幕を開ける。

次の試合 ►
日本日本vsセネガルセネガル ポーランドポーランドvsコロンビアコロンビア

グループH

チーム
コロンビア
コロンビア
201+36
日本
日本
11104
セネガル
セネガル
11104
ポーランド
ポーランド
102-33

36分、セネガルはゲイェがペナルティエリア外からミドルシュートを狙うと、これがポーランドDFチョネクに当たってディフレクトし、ボールはポーランドゴールへと吸い込まれた。オウンゴールによりセネガルが一点先制。

後半開始から、ポーランドは布陣を3バックに変更して流れを引き寄せようと試みる。立ち上がりはこれが上手くはまって、効果的にビルドアップできるようになる。

しかし、次にゴールネットを揺らしたのはまたしても同じチームだった。ポーランドMFクリホビアクが敵陣内でゴールキーパーめがけてバックパス。

治療のため一時タッチライン際に出ていたニアンが、ピッチに戻るや否やこの中途半端になったバックパスのボールを全速力で追いかける。
飛び出したポーランドGKシチェスニーの手前で触って抜け出し、無人のゴールへとシュート。セネガルが待望の追加点をマークした。

その後は劣勢に立たされたポーランドだったが、85分にはセットプレーからクリホビアクがヘディングでゴールを決めて1点差に詰め寄る。

しかし、ポーランドの反撃はここまで…。結果、セネガルがグループ内最強と目されていたポーランド相手に2-1で競り勝った。

次節、日本代表はセネガルとグループステージ突破をかけて相まみえる。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑