マンUが2部ダービー・カウンティ相手に大苦戦!

・2部カウンティ相手に大苦戦のユナイテッド
マンチェスター・ユナイテッド現地時間5日、イングランドFAカップ3回戦が行われ、プレミアリーグ2位のマンチェスター・ユナイテッドはチャンピオンシップ(2部)2位のダービー・カウンティと激突した。

マンチェスター・ユナイテッド指揮官ジョゼ・モウリーニョは、本拠地オールド・トラフォードでの一戦に、イングランド代表マーカス・ラッシュフォード、アルメニア代表ヘンリク・ムヒタルヤン、アンデル・エレーラ・アグエラ、フランス代表ポール・ポグバ等を先発起用。

フランス代表アンソニー・マーシャル、ベルギー代表ロメル・ルカク、アルゼンチン代表ファウスティーノ・ロホ等一部主力はベンチに置きターンオーバー。

スペイン代表守護神ダビド・デ・ヘアはベンチ外となり、この日はアルゼンチン代表セルジオ・ゲルマン・ロメロがゴールマウスに立った。

対するダービー・カウンティはトーマス・ローレンス、ジョン・ラッセル、トム・ハドルストーン等ベストメンバーが顔をそろえた。

1部、2部の2位通しの対決となったこの試合。主導権を握ったのは戦前の予想通りホームのマンチェスター・ユナイテッドだった。

しかし、ポール・ポグバ、ファン・マタ等が直接フリーキックを狙うが、ダービー・カウンティ守護神スコット・カーソンがなんとか死守。前半最大のチャンスとなったラッシュフォードのヘディングシュートも、ポストに嫌われた。

ジョゼ・モウリーニョは、堪らず後半開始からヘンリク・ムヒタルヤンに代えてロメル・ルカクを投入する。

しかしながら、依然ゴールを決めることができないユナイテッド。
2部チーム相手に再試合が現実味を帯びてきた終盤、あの男が嫌なムードを一蹴した。

83分、途中交代で入ったマルシャルのパスを受けたルカクがポストプレー。これをジェシー・リンガードがペナルティエリア手前からシュート。

このシュートが見事にダービー・カウンティゴールに突き刺さり、マンチェスター・ユナイテッドが待望の先制点をマークした。

その後アディショナルタイムにはロメル・ルカクがカウンターからダメ押しゴールを決めて、結果ユナイテッドが2-0で勝利。
公式戦2連勝でFAカップ4回戦へと駒を進めた。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑