ムヒタリアンが今冬ドルトムントへ電撃復帰?

・モウリーニョの信頼を得られていないムヒタリアン
元ボルシア・ドルトムント所属のマンチェスター・ユナイテッド所属でアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンだが、今シーズンは指揮官ジョゼ・モウリーニョのもとで満足にプレー時間を得ることができていない。

イングランド代表マーカス・ラッシュフォード、フランス代表ポール・ポグバ、そして今夏から新加入したベルギー代表ロメル・ルカク等と共にシーズン序盤はレギュラーを勝ち取っていたヘンリク・ムヒタリアン。

しかしながら、シーズンが進むにつれて次第にモウリーニョからの信頼を失い、11月の中ごろからはまったく先発出場することができていない。それどころか、12月に至っては出場機会さえ一切与えられていないという非常事態だ。

マンチェスター・ユナイテッドでポジションを失いつつあるこのアルメニアンスターの獲得を目指して、既にいくつかのクラブが本格的に動き始めていると複数メディアが報じている。

イギリスメディア『インデペンディエント』によると、その複数あるチームの中に日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントが含まれているそうなのだ。ドルトムントは、ムヒタリアンにとってブンデスリーガを制覇した古巣でもある。

また、イギリスメディア『ユーロスポーツ』は、セリエAで好調のインテルが中盤の層を厚くさせるために獲得するのではないかと伝えている。

・過去にはシャヒン、香川、ゲッツェも復帰
15-16シーズンにドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドへ移り、現在2年目を過ごしているムヒタリアンだが、はたしてこのままジョゼ・モウリーニョの信頼を再び勝ち取るべくチームに残留するのだろうか。

はたまた、ドルトムントへの電撃復帰となるのだろうか。
過去に、ブンデスリーガ年間MVPに輝いてレアル・マドリードに移籍した元トルコ代表のヌリ・シャヒン、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍した香川真司、バイエルン・ミュンヘンへ移籍したドイツ代表マリオ・ゲッツェと、ドルトムントのスターはステップアップに失敗して1~2年で復帰する傾向が強い。

それだけに、冬以降再びドイツで香川とムヒタリアンが共闘する可能性も少なくはない…?

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑