メッシが圧巻4発で早くも今シーズン9ゴール!一方ロナウドは…?

・メッシが今季二度目のハットトリック
現地時間19日、リーガエスパニョーラ第5節が行われ、バルセロナは日本代表乾貴士が所属するエイバルと対戦し、6-1と大勝を収めた。

とりわけ愛称の良いエイバル相手にゴールを量産してきたメッシは、今回の対戦でもやはり大暴れ。はやくも今シーズン二度目となるハットトリックを達成し、今シーズンの得点数を9に伸ばし、リーガエスパニョーラの得点ランキングでも首位を独走している。

まずは前半20分、前節スタメンのセルジ・ロベルトに代わって起用された新加入のネウソン・セメドがペナルティエリア内で突破を図ると、相手に倒される。これで得たペナルティキックをメッシが確実に沈めて1-0とした。いつもの「ズドン!」と音がしそうな強烈なキックではなく、珍しくやわらかいタッチで決めた。

2点目は後半13分。アンドレス・イニエスタ、セルヒオ・ブスケッツと渡ったボールはメッシの元へ。これをペナルティエリア内までドリブルで持ち込むと、相手ディフェンス3枚に囲まれながら巧みにタイミングをずらしてシュート。これがエイバルゴールに吸い込まれた。

さらには後半16分、新加入のパウリーニョとのワンツーから左足でゴール。あまりにも簡単にハットトリックを達成してしまった。さらに後半終盤には今度はアレイシ・ビダルとのワンツーからゴールを決めて、今シーズン初となる4ゴールをマーク。

・ロナウドとの得点差は「9」
開幕戦こそ不発に終わったメッシだったが、続く2節のアラベス戦でシーズン初ゴールを含む2得点をマークすると、続く3節のエスパニョール戦では2試合連続ゴールとなるハットトリックを達成。そして前節のヘタフェ戦では自由にプレーをやらせてもらえずノーゴールに終わるが、今節はそのうっ憤を晴らすかのように4得点と大爆発。

これでシーズン5試合9ゴールとしており、ライバルでレアル・マドリード所属のクリスチアーノ・ロナウドを大きく突き放している。尚、ロナウドはスペインスーパー杯第1戦バルセロナ戦で5試合出場停止処分を受けたため、まだリーグ戦の出場はなく、今節のレアル・ベティス戦で満を持して復帰する予定となっている。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。




Back to Top ↑